4校対抗は50歳以上チームが3位。なんとか面目を保つ

2016年9月22日(木・祝日)、第16回浦和4校サッカー部OB交流会がレッズランドで開催された。

時折雨が強く降る中、浦和高、市立浦和高、浦和南高、西高のOBたちが、熱戦を繰り広げた。前回は幹事校だったこともあり延べ27人が参加した西高だったが、今年は雨で開催されるかどうかはっきりしなかったこともあり、40代5人に50代以上が15人の合計20人と参加者が減ってしまった。50代以上のOBが連続して試合に出なければチームが編成できず、例年以上にメンバーのやりくりに苦しめられた。この40代、50代の交流戦の合間に、各校の60歳以上のOBが市立浦和高校女子チームと対戦するエキジビジョンマッチが行われた。西高からは池田明史OB会長と大谷達夫副会長の2人が出場した。

交流戦は、49歳以下チームが浦和南高校の攻められながも、西高らしい守備で南高のシュートを3本に抑えていたが、そのうちの1本が決まってしまい、0対1で敗れた。50歳以上チームも、50代以上の選手とは思えない鮮やかなシュートで浦和南高に先行されると、さらに追加点を奪われ、こちらも0対2で敗れてしまった。

49歳以下と50歳以上の両方のチームが1回戦で敗れ、西高としては盛り上がりに欠ける中、49歳以下チームが、浦和高との3位決定戦に臨んだ。試合は、浦和高の40代前半と思われるFW2人のスピードに50代中心の西高では対抗できず、次々とこの2人に中央突破をされ0対3になってしまう。ここで西高も反撃し、CKから中島康雄君(平成元年卒)が鮮やかなヘディングシュートを決め、一矢報いる。しかし、この得点が浦和高の若いFWに火をつけることになったのか、西高はその後4点、5点、6点と、立て続けに浦和高に得点を許してしまい、1対6という大敗を喫してしまった。

続いて行われた50歳以上チームの3位決定戦も、浦和高との対戦となった。西高は、ここまでの3試合全てに出場しているメンバーもいるなど、メンバーの遣り繰りが逼迫していた。しかし、この試合に敗れると全敗になってしまうということもあり、50歳以上のOB達が奮起した。浦和高がカウンター攻撃に出ようとしたところを、平田忠光君(昭和50年卒)がボールを奪い逆に浦和高ゴール前に送ると、走り込んだ配島幹雄君(昭和52年卒)がこれをゴールへ流し込んだ。配島幹雄君のゴールが決勝点となり、西高は50歳以上チームが1対0で3位となり、なんとか面目を保つことができた。

なお49歳以下も50歳以上も決勝戦は、市立浦和高と浦和南高の対戦となり、どちらの試合も引き分けの上、悪天候でPK戦を中止したため、両校優勝という結果になった。次回は多数の西高OBへ参加を呼びかけ、49歳以下と50歳以上でそれぞれ1チームずつ編成し、優勝を狙いたいものである。交流戦後、レッズランドのクラブハウス内で懇親会が行われた。多数のOBが参加し、西高の先輩・後輩のみならず各校OBとの交流に華を咲かせていた。

カテゴリー: ニュース | コメントする

U-18リーグ、残留を争う西武文理高に逆転負け

2016年9月17日(土)、U-18リーグ埼玉県リーグ1部の第15節が行われた。

西高(リーグ8位)は12時から新座市の西武台高第2グランドで西武文理高(リーグ9位)と対戦し、3対4(2対2、1対2)で敗れた。この結果、西高は4勝10敗1分けの勝ち点13で順位は8位のままだったが、9位の西武文理高との勝ち点差は1に縮まった。西武文理高は試合消化が進んでおらず残り試合数が西高よりも2試合多く、西高は残留へ向け崖っぷちに追い込まれてしまった。

この日も西高は開始1分に失点してしまった。その後、30分の給水タイムまでに西高が2点を返し逆転するが、給水タイムから試合が再開されると、西高は西武文理高にサイドの突破を許し、折り返されたボールを西武文理高FWに難しい体勢からシュートされると、ボールは西高キーパーのブラインドサイドへ飛びキーパーが触るもゴールし、前半は2対2で終わった。

後半は一進一退の展開となった。何度かチャンスを迎えた西高だが、決定機を作れないまま給水タイムに入った。残り15分となり1点勝負と思われたところから、試合は思わぬ展開となった。西高FWが、ゴールラインぎりぎりのところから低く抑えたいいシュートで3点目を決め、西高が再びリードを奪い試合は決まったかに思えたが、直後にCBの中心としてクロスボールを跳ね返し続けたキャプテンが足を負傷し交代してしまう。ここで西高は粘れなかった。西武文理高にCKを与え、CKの崩れから同点ゴールを許してしまう。この時点で後半40分、残り試合数が多い西武文理高は安全策をとり、少々無理な体勢からでもシュートし攻撃を終えようとする。一方西高は、あくまで勝ち点3を狙いボランチを1人にし長身FWを投入する。しかし、この積極策が裏目に出て、西高が攻めに出たところを西武文理高のカウンター攻撃を浴び、西高は痛恨の4点目を許してしまう。残りはロスタイムの4分だけで、西高の選手に追いつく気力は残っていなかった。西高サッカー部OB対決となった一戦は、先輩である山口豊監督の経験に軍配が上がった。

次節16節は10月9日(日)に行われる。西高(リーグ8位)は成徳深谷高(リーグ7位)と杉戸町の昌平高グランドで11時30分試合開始で対戦する。1部残留に向け勝つしかない試合といえる。OB諸氏の応援をお願いする。

カテゴリー: ニュース | コメントする

西高女子、高校女子サッカー選手権予選は5位

2016年9月18日(日)、平成28年度埼玉県高等学校女子サッカー選手権大会の決勝リーグ最終戦と順位決定戦が行われた。

久喜高にPK戦で敗れ決勝リーグ進出を逃してしまった西高女子は、順位決定戦に回った。11時30分から東松山市の岩鼻陸上競技場で行われた5位決定戦で、西高女子は山村学園高と対戦し2対0で勝利した。

決勝リーグの結果は、1位本庄第一高、2位花咲徳栄高、3位久喜高、4位入間向陽高だった。1位と2位の2校は、全国高等学校女子サッカー選手権への切符をかけ関東予選へ出場する。

カテゴリー: ニュース(女子) | コメントする

U-18リーグ、西武台高に敗れ降格圏へ

2016年9月11日(日)、U-18リーグ埼玉県リーグ1部の第14節が行われた。

西高(リーグ7位)は10時から新座市の西武台高第2グランドで西武台高(リーグ3位)と対戦し、0対6(0対2、0対4)で敗れた。この結果、西高は4勝6敗1分けの勝ち点13で順位は8位となり降格圏へ下がってしまった。一方、9位だった市立浦和高は正智深谷高に2対0で勝利し勝ち点を15に伸ばし6位に上がった。7位は勝ち点14の成徳深谷高となった。

西武台高との試合は、西高が前半5分に西武台高にPKを与え先制されてしまう。その後も、西武台高のショートパスをワンタッチで小気味よくつないでくる攻撃に何度もチャンスを作られ、西高は防戦に追われてしまう。前半20分、西武台高がCF目がけて絶妙の浮き具合でパスを送ると、西武台高CFがこれも見事な胸トラップで西高DFと瞬間的に入れ違い楽々と追加点を上げられてしまう。西高もその後は粘り強く守るとともに、反撃を試み何度かシュートチャンスを作り出し前半を終えた。

後半に入ると西武台高の攻撃のスピードが上がる。後半10分に3点目を入れられると西高選手の集中力が切れたのか、西高はこの試合2本目のPKを与え4点目を入れられてしまう。その後、西高のCKがミスキックなると、これを西武台高に拾われカウンター攻撃で5点目を決められてしまう。西高は試合終了直前にも失点し、0対6で大敗を喫してしまった。攻撃面では、後半の西高は運動量が落ちてパスがつながらなくなり、後半20分過ぎまでシュートチャンスも作れなかった。

西高と西武台高の違いは、プレーの正確性。プレーのスピードが上がってもパスがブレずに味方の足元に届く西武台高に対し、西高は早いパスを味方に送るとトラップミスが出てしまい、いい攻撃の形にならなかった。西武台高は守備でも、ボールを失うと失った選手がすぐさまファーストディフェンダーになり、西高の攻撃を遅らせていた。西武台高側の守備の人数が足りなくなるようなシチュエーションは作らせてなかった。西武台高のようなダイレクトパスによる攻撃を真似るのは難しいが、守備の意識を真似ることはできる。次節からでも早速見習ってほしいものである。

なお、次節15節は9月17日(土)に行われる。西高(リーグ8位)は西高OB山口豊監督率いる西武文理高(リーグ9位)と12時試合開始で新座市の西武台高第2グランドで対戦する。1部残留に向け負けられない試合になっており、OB諸氏の応援をお願いする。

カテゴリー: ニュース | コメントする

【差し替え】西高女子、5位決定戦へ進む

2016年9月10日(土)、平成28年度埼玉県高等学校女子サッカー選手権大会の決勝リーグ1回戦と順位戦が行われた。

久喜高にPK戦で敗れ決勝リーグ進出を逃してしまった西高女子は、順位戦に回った。14時30分から東松山市の岩鼻サッカー場で行われた順位戦で、西高女子は川口総合高と対戦し2対2の引き分けから、PK戦を4対3で制した。
この結果、西高女子は5位決定戦へ進み、山村学園高と対戦することになった。5位決定戦は、18日(日)の11時30分から東松山市岩鼻陸上競技場で行われる。OB/OG諸氏の応援をお願いする。

カテゴリー: ニュース(女子) | コメントする

U-18リーグ、正智深谷高に敗れる

2016年9月3日(土)、U-18リーグ埼玉県リーグ1部の第13節が行われた。

西高(リーグ7位)は10時から本庄市の埼玉工大グランドで正智深谷高(リーグ4位)と対戦し、1対3(0対1、1対2)で敗れた。この結果、西高は4勝6敗1分けの勝ち点13で順位は7位と変わらなかったが、9位だった市立浦和高が大宮南高に勝利し勝ち点を12に伸ばし8位に上がったため、勝ち点差は1に縮まってしまった。

試合の前半は、正智深谷高が相手ボールになるといったん引いてラインを作るという守備戦術を取っていることもあり、ボールキープの割合で言うと、西高が50%を超えているかに見えた。しかし正智深谷高の、守備ラインの外側は回させても中にはボールを入れさせないという徹底した守りに阻まれ、西高はボールは回せるがなかなかシュートまでは持ち込めない、という展開になった。0対0のまま終わるかと思われた前半終了3分前、正智深谷高のカウンター攻撃をいったんは防いだ西高だったが、正智深谷高にサイドをドリブルで破られ、ふわっとした絶妙のセンターリングを入れられると、ヘディングで先制点を決められてしまった。西高は守備の人数もそろっていただけに、与えてはいけない得点だった。

後半も開始から10分後、前半の得点と同様に正智深谷高にサイドをドリブルで抜かれ、追加点を与えてしまう。西高も1点を返そうと攻めたが決定機にまでは至らず、寸前のところで正智深谷高にコーナーキックに逃げられてしまうということを繰り返した。西高はCKの数では正智深谷高を上回っていたかもしれないが、どうしても得点を上げられずにいると、逆に正智深谷高にセンターリングから技ありのヘディングシュートを入れられ、0対3と勝負を決められてしまう。その後西高も、終了直前にゴール前でのフリーキックを素早くリスタートして1点を返し、最低限の意地は見せた。

後期リーグに入りこの日で4戦目、西高は全ての試合で前半に失点を喫している。逆に得点を上げられなかったのは1試合だけなので、守備の強化が課題であることは明白である。今年1部リーグへ昇格してきたチームという自分たちの置かれたポジションを再度自覚して、選手全員が守備を意識し、1部リーグ残留を果たしてもらいたいものである。

なお第14節は9月11日(日)に開かれる。西高(リーグ7位)は10時00分から新座市の西武台高第2グランドで西武台高(リーグ3位)と対戦する。OB諸氏の応援をお願いする。

カテゴリー: ニュース | コメントする

西高女子、久喜高に敗れ決勝リーグ進出ならず

2016年9月4日(日)、平成28年度埼玉県高等学校女子サッカー選手権大会の決勝リーグ進出決定戦が行われた。

西高女子は、14時30分から本庄第一高グランドで、久喜高と対戦した。春の学校総合体育大会準々決勝と同じ組み合わせとなった試合は、0対0で決着がつかずPK戦となり西高女子は5対6で敗れ、久喜高に春の雪辱を許してしまった。

決勝リーグ進出を逃してしまった西高女子は、順位戦に回ることになった。順位戦は、9月10日(土)の14時30分から東松山市の岩鼻サッカー場で行われ、西高女子は川口総合高と対戦する。OB/OG諸氏の応援をお願いする。

例年であれば西高女子は、夏のインターハイ出場を最大の目標にして、春の学校総合体育大会あるいはインターハイ予選を兼ねる関東大会を戦った後は、3年生の多くが引退していた。今年度は高校女子サッカー選手権大会出場を目指し、3年生全員が残ってこの大会に賭けていた。それだけにPK戦で敗れ決勝リーグに進めなかったことは、返す返すも残念と言うしかない。新たな流れを作った3年生の思いを受け継ぎ、1、2年生が全国大会出場を成し遂げてくれることを願ってやまない。

カテゴリー: ニュース(女子) | コメントする