OB会費納入にご協力ください!

カテゴリー: 運営者より | コメントする

【試合評】インターハイ予選、対浦和東高戦

高校総体(インターハイ)サッカー大会埼玉県予選が6月10日(土)から始まった。
準々決勝へ進んだ西高は、18日(日)の14時30分から杉戸町の昌平高グランドで、浦和東高と対戦し延長戦の末、1対0(0対0、0対0、延長1対0、0対0)で勝利した。西高は、2戦続けて相手を零封し、準決勝へ進んだ。

この試合の試合評は、保護者会のツイッターに書かれているように、埼玉サッカー通信で報じられている。そちらをお読み下さい。

カテゴリー: ニュース | コメントする

【試合評】インターハイ予選、対立教新座戦

高校総体(インターハイ)サッカー大会埼玉県予選が6月10日(土)から始まった。
3回戦へ進んだ西高は、17日(土)の10時30分から越生町の武蔵越生高グランドで、立教新座高と対戦し1対0(1対0、0対0)で勝利した。

試合は、前週の2回戦とは異なり西高は前半からエンジン全開で攻撃的に出た。何度かチャンスを作った後の前半13分、右CKから一度は立教新座高にクリアーされるも、クリアーしたボールが西高選手の目の前に転がり、それを西高DFが蹴り込んで得点を上げた。その3分後にも、西高は立教新座高をサイドから崩し、決定的なチャンスを得たがシュートがゴールの左側に外れ、追加点は奪えなかった。結果として、ここで追加点を上げられなかったことで、給水タイムの後で立教新座高に落ち着く機会を与えてしまった。給水タイムの後は、立教新座高の反撃に会い、一進一退の展開となってしまった。このまま、前半は1対0、西高リードで終わった。

後半に入って最初にチャンスを得たのも西高だった。ただ、その後は前半と同様に、一進一退の展開となってしまった。ただ決定機で言えば、立教新座高側にあった。立教新座高MFがハーフラインの自陣側から放った超ロングシュートが、もし枠の中へ飛んでいれば、西高は同点にされていた。しかし、立教の超ロングシュートはゴールの右側に外れ、西高は事なきを得た。その後に訪れた西高の決定機は、シュートが立教新座高GKの正面に飛び、はじき出されてしまった。給水タイムの後は、立教新座高の運動量がやや落ちたのか、西高が立て続けにチャンスを作った。それも一度は立教GKにファインセーブされ、CKからのもう1本は西高のヘディングシュートが立教GKの正面突いてしまった。最後は、交代で入った西高の1年生MFが逆サイドのサイドネットを狙う技巧的シュートを見せたが、これはゴールの枠を外れてしまい、試合終了となった。西高は最少得点差ではあったが、翌日18日の準々決勝へ駒を進めた。

この試合、2回戦の大宮東高戦の反省からか、西高選手たちからは「相手に点を与えないぞ」という気持ちが伝わってきた。そのため、途中立教新座高側のペースになる時間もあったが、相手に決定機を作らせることなく、冷静な守備ができていた。しかし守備の気持ちが強かった分、カウンター攻撃に移る際に、フリーになっている味方がいるにもかかわらず冷静にパスをつなげず、跳ね返すだけになっているシーンが何回か見られた。次の準々決勝では、西高選手たちに守備から攻撃に移る際、丁寧かつ安全に味方選手につなげていく、そういうパスを見せてほしいものである。

カテゴリー: ニュース | コメントする

【速報】インターハイ予選、浦和東高に勝利しベスト4へ

高校総体(インターハイ)サッカー大会埼玉県予選が6月10日(土)から始まった。

準々決勝へ進んだ西高は、18日(日)の14時30分から杉戸町の昌平高グランドで、浦和東高と対戦し延長戦の末、1対0(0対0、0対0、延長1対0、0対0)で勝利した。西高は、延長前半5分右サイドから上げたクロスに西高FWが競って、こぼれたボールをFWがそのままシュートし先取点を上げた。結局これが決勝点となり、西高が24日(土)の準決勝へ進んだ。インターハイ出場権がかかった24日(土)の準決勝は、さいたま市の埼玉スタジアム第3グランドで13時00分から行われ、西高は西武台高と対戦する。OB諸氏の応援をお願いする。

なお応援に来られる際には、青色のものをどこかに身に着けて西高サイドの応援エリア(第3グランドは椅子席はありません)にお越し下さるようお願いします。西高サイドの応援エリアには、保護者会の青色の幟などが立っているので、それを目印にお越し下さい。

インターハイ埼玉県予選の組み合わせは、こちらをご覧ください。得点シーンの動画は、保護者会のツイッター(本HPの右端)にアップされています。拡大もできます。

カテゴリー: ニュース | コメントする

【速報】インターハイ予選、立教新座高に勝利しベスト8へ

高校総体(インターハイ)サッカー大会埼玉県予選が6月10日(土)から始まった。
3回戦へ進んだ西高は、17日(土)の10時30分から越生町の武蔵越生高グランド(越生町上野東1−3−10)で、立教新座高と対戦し1対0(1対0、0対0)で勝利した。西高は、前半13分にCKから得点を上げた。その後、西高は何度もチャンスを得たが追加点が奪えないまま、立教新座高の反撃を0点に抑え、明日18日の準々決勝へ駒を進めた。

明日の準々決勝は、杉戸町の昌平高グランド(杉戸町下野851)で14時30分から行われ、西高は浦和東高と対戦する。OB諸氏の応援をお願いする。

なお得点シーンの動画が、保護者会のツイッター(本HPの右端)にアップされているので見て下さい。拡大もできます。
インターハイ埼玉県予選の組み合わせは、こちらをご覧ください。

カテゴリー: ニュース | コメントする

インターハイ県予選、17日は立教新座高と対戦

高校総体(インターハイ)サッカー大会埼玉県予選が6月10日(土)から始まった。

3回戦へ進んだ西高は、17日(土)の10時30分から越生町の武蔵越生高グランド(越生町上野東1−3−10)で、立教新座高と対戦する。OB諸氏の応援をお願いする。

なおインターハイ埼玉県予選の組み合わせは、こちらをご覧ください。

カテゴリー: ニュース | コメントする

【試合評】インターハイ県予選、対大宮東高戦

高校総体(インターハイ)サッカー大会埼玉県予選が6月10日(土)から始まった。
関東大会県予選でベスト4に入った西高はシードされ、本日11日(日)の2回戦から登場した。西高は、11日の10時30分から越生町の武蔵越生高グランドで、大宮東高と対戦し延長戦の末、4対3(1対0、2対3、0対0、1対0)で勝利した。西高は、6月17日(土)に行われる3回戦へ駒を進めた。

試合は、大宮東高選手の高校生とは思えない超ロングスロー攻撃から、東高が決定的なチャンスをつかんだ。東高のシュートがバーに当たって跳ね返り、西高は危うく命拾いをする。その後、西高も盛り返し20分の給水タイムを迎える。前半30分、今度は西高がカウンター攻撃からチャンスをつかみ、これを西高FWがきっちり決めて1点先行する。この間、西高はリーグ戦では3戦連続して相手に先取点を許していただけに、前半の西高は守備を強く意識しており、それが上手くいっていた。

後半は開始早々に、西高が2つチャンスをつかむも決められない。チャンスを逃すと相手にチャンスが生まれる。後半15分、東高の超ロングスロー攻撃から、西高はついに同点にされてしまう。だがその3分後、西高がCKから2点目を決め、東高を引き離す。その2分後には、東高のサイドを攻略し西高が3点目を決め、その直後に給水タイムを迎える。西高はいい時間に追加点を取り、楽に試合を運べると思ったのか、給水タイムの後は、一転して東高のシンプルな縦への攻撃に押され始めてしまう。後半30分、西高は守りの連携にミスが出て東高にカウンター攻撃から1点返されてしまう。こなるとイケイケの東高に対し、逃げ切りを図りたい西高となり、西高は選手の気持ちが消極的になってしまった。後半のロスタイム、ハーフェーラインより少し西高エンドに入ったところで、西高DFが東高ボールを大きくクリアーして置けばいいところ、真ん中にいる味方MFにヘッドでパスをしようとし、これが東高に渡ってしまい、西高はカウンター攻撃から再び同点弾を浴びてしまう。

試合は前後半10分ずつの延長戦に突入した。延長に入り西高は選手の気持ちが変わったのか、より攻撃的になり大宮東高のサイドを攻略し何度もチャンスをつかむが、これを決めきれず延長前半が終わる。延長後半も何度かチャンスを得るが得点できず、PK戦も見えてきた延長後半7分、東高が攻撃に出ようとしたところで西高MFがボールを奪いこれを西高FWへ短くパスすると、西高FWが狙いすましたシュートをサイドネットへ突き刺し、これが決勝点となり西高が3回戦へ進出した。

11日の2回戦は、本来であれば西高が3対1と勝ち越したところで試合を落ち着け、そのままのスコアーで終わらせるべきであった。しかし、大宮東高の勝負を諦めない強い気持ちに押されて、西高選手の意識が受け身になってしまった。特に2点目を取られてからは、それが弱気なプレーにつながってしまい、最後は延長戦にまでもつれる原因となってしまった。ただ前回の関東大会予選も1回戦では大苦戦し、その後、チームを立て直してベスト4まで進むことができた。インターハイ予選も、本日の大宮東高戦を教訓にして、勝利への強い気持ちを持って、これから一戦一戦戦って欲しいものである。

カテゴリー: ニュース | コメントする

【速報】インターハイ予選、大宮東高に延長戦で勝利

高校総体(インターハイ)サッカー大会埼玉県予選が6月10日(土)から始まった。

関東大会県予選でベスト4に入った西高はシードされ、本日11日(日)の2回戦から登場した。11日の10時30分から越生町の武蔵越生高グランドで、大宮東高と対戦し延長戦の末、4対3(1対0、2対3、0対0、1対0)で勝利した。西高は、6月17日(土)に行われる3回戦へ駒を進めた。

17日(土)も10時30分から越生町の武蔵越生高グランド(越生町上野東1−3−10)で、立教新座高と対戦する。OB諸氏の応援をお願いする。
なおインターハイ埼玉県予選の組み合わせは、こちらをご覧ください。

カテゴリー: ニュース | コメントする

インターハイ県予選、11日(日)に武蔵越生高と大宮東高の勝者と対戦

平成29年度高校総体サッカー大会埼玉県予選が6月10日(土)から始まる。

西高は、関東大会県予選でベスト4に入ったことで今回はシードされ、翌11日(日)の2回戦から登場する。11日の10時30分から越生町の武蔵越生高グランド(越生町上野東1−3−10)で、武蔵越生高と大宮東高の勝者と対戦する。関東大会予選を上回る結果を出すためにも、OB諸氏の応援をお願いする。

なおインターハイ埼玉県予選の組み合わせは、こちらをご覧ください。

カテゴリー: ニュース | コメントする

【試合評】U-18リーグ、対ふじみ野高戦

2017年の高円宮杯U-18サッカーリーグ埼玉県リーグは、5月28日(日)に第7節が行われた。2部Aリーグの西高(リーグ3位)は、12時00分試合開始、新座市の西武台高第2グランドでふじみ野高(リーグ6位)と対戦し、2対2(0対1、2対1)で引き分けた。この結果、西高は4勝1敗1引き分け勝ち点13でリーグ3位に後退した。首位は、6勝0敗勝ち点18の浦和学院高。

試合は、立ち上がりから積極的に攻め込むふじみ野高に対し、耐えて守る西高という構図になった。5節、6節と連続して前半に失点している西高は、まずは守りを固めてということで、慎重な試合への入りとなった。それでも前半15分頃からは、西高もボールをつないで、次第に攻撃の主導権をふじみ野高から奪い返していった。西高は5節、6節に比べ、守備から攻撃に転じる際に横幅をより広く使って、相手を揺さぶることが出来ていた。西高はワイドに起点を作り、そこからふじみ野高の両サイドの裏側を攻略し、最後に触ればゴールというシーンを2、3度作った。しかしセンターリングへの詰め方が悪く、シュートをすることができなかった。こういう展開になると、守勢に回ったふじみ野高側にチャンスが来てしまう。前半35分、西高のボールを自陣で奪ったふじみ野高DFが西高陣内めがけて大きく蹴ると、西高DFが相手FWと入れ替わってしまい、飛び出して来た西高GKがペナルティーエリアのすぐ外側でハンドを取られ警告を受けてしまう。このFKをふじみ野高に決められ、前半は0対1とふじみ野高に先行されて終わった。

後半も前半同様の試合展開となった。後半開始早々から15分ほどは、ふじみ野高の攻勢に西高が押し込まれる展開となった。それでも、追いつかなければならない西高が、サイドを起点にパスをつないで徐々にチャンスを作り始める。しかし前半同様、ふじみ野高ゴール前への詰めに問題があった。サイドから入れるボールをニアで合わせると相手DFに阻まれ、ニアを囮にファーへ送り込むと西高選手がいないというシーンが続いた。西高が攻め疲れた後半42分、ふじみ野高に逆襲されたところで、逆に西高がボールを奪い縦に大きフィードすると、これが絶好のカウンターになり西高が同点ゴールを上げ、試合を1対1の振り出しに戻す。その1分後、同点にされたふじみ野高が攻め込んできたところを、再び西高がボールを奪い1点目同様、縦に蹴り込みカウンター攻撃から得点し、ふじみ野高を2対1と逆転する。これで西高が勝ったかと思われたが、ロスタイムに入り今度は西高がふじみ野高陣内でボールをつなぐと、ボールを奪ったふじみ野高がカウンター攻撃で西高陣内へボールを押し戻した。西高がかろうじてこれをクリアーすると、ふじみ野高はロングスローで西高ペナルティーエリア内へボールを送り込んだ。これも西高が一旦はクリアーするが、そのボールを再びふじみ野高に拾われ、西高ゴール前に送り込まれ混戦になる。この混戦から、西高はふじみ野高に痛恨の同点弾を浴び、惜しくも2対2で引き分けてしまった。

この試合を振り返り、パスサッカーを指向している西高がパスサッカーでは得点できず、カウンター攻撃から2得点したことは、皮肉とは言えるが、攻撃のバリエーションが増えるので決して悪いことではない。むしろこの試合の問題点は、西高攻撃陣の相手ゴール前への入り方にあった。これがサイド攻撃と合っていたら、西高はもっと早く得点を上げられたと思う。それと、リードして試合の残り時間がほとんどないところで、ボールを回して逃げ切ることができなかった、この2つにある。この改善すべき点を改善し、6月からのインターハイ県予選に臨んでほしいものである。

カテゴリー: ニュース | コメントする

関東高校サッカー大会県予選 大会総評をお読み下さい

埼玉県高等学校体育連盟サッカー専門部の山田純輝先生が、17年4月に行われた関東高校サッカー大会県予選について、埼玉県サッカー協会のHPに総評を書かれています。総評の中で、公立校で唯一ベスト4に残った西高についても、取り上げて下さっています。埼玉県の高校サッカーの中で、西高の良い点や修正し克服しなければいけないポイントがまとめられています。是非、ご一読下さい。

埼玉県サッカー協会(2種)のこちらのページです。

カテゴリー: ニュース | コメントする