【速報】選手権予選、決勝で昌平高に惜敗

 第96回全国高等学校サッカー選手権大会の埼玉県予選が2017年10月14日(土)から始まった。第2シードの西高は、本日11月19日(日)の14時05分から埼玉スタジアムで決勝を第1シードの昌平高と戦い、1対2(0対0、1対2)で惜しくも敗れた。

【試合評】 
 試合の前半は、西高が中盤とDFとで2つのラインを引き、その間でボランチが相手が入れてくる楔のパスを警戒し、楔のパスを入れられてしまった時には、DFが相手FWを止めボランチが相手FWを挟むという守備が上手くでき、昌平高の強力な攻撃陣をよく抑えていた。昌平高にポゼッションは許すも西高も守備一辺倒にはならず、カウンター攻撃からもう一歩で得点というシーンを何回か作り出す。攻めていたのは昌平高だが、決定機は西高にやって来た。前半34分、この日ワントップに入った西高FW森がループ気味にスルーパスを出すと、MF遠藤寛紀が抜け出しシュートをする。決定的に思われたが、これは飛び出して来た昌平高GK緑川光希のファインセーブに阻まれてしまう。前半、両軍でゴールに飛んだのはこのシュートだけで、互いに得点できず0対0で終わった。
 後半開始からは、西高も全体のラインを上げて積極的に攻めに出た。後半6分、9分とDF田村駿弥のロングスローから続けざまにチャンスを作る。しかし、シュートが1本はサイドネット、もう1本はゴールポストの右横へ外れてしまった。9分のチャンスの直後、昌平高の素早いカウンター攻撃を受ける。Jリーグ大宮に入団が決まった昌平高FW佐相の素早いドリブルに、西高DFがたまらずペナルティエリアの左前方10メートルほどのところでファウルで止める。後半12分、平均身長で西高に劣る昌平高は、FKのボールを高く上げずにライナー気味にDFラインとGKの間に入れてきた。ボールが速かったこともあり、西高GK齋藤大伽の飛び出しが遅れボールに触れず、昌平高CB関根浩平に頭でボールのコースを変えられ、ゴールを決められてしまう。追いつかなければならない西高は、MFに唐牛七海とFWに朝見海斗を次々に入れ、2トップの攻撃的布陣に変更する。さらに1年生MF石山凌太郎も投入し、同点を狙いに行った。後半30分、西高は交代で入った唐牛七海が右サイドから得意のドリブルでペナルティーエリアに侵入し、そのこぼれ球をFWの点取り屋・高橋岬生が強烈なシュートを打った。ボールは昌平高GK緑川光希の手を弾いてゴールに吸い込まれて行った。交代と布陣変更が功を奏し、西高がついに同点に追いつく。さらに西高が攻めに出たところで、昌平高がボールを奪いショートカウンターを繰り出し西高が止める。後半31分、スローインから昌平高MF森田翔がドリブルから、一旦、昌平高FW佐相に預けそのリターンを再度ドリブルし、西高の左サイドを切り裂きペナルティーエリアに侵入してくる。西高DFも必死で守り昌平高MF森田翔をブロックしたが、左に交わされ戻って来た西高MFもさらに交わされ、西高GKが飛び出して来たのを見て、倒れ込みながらシュートを決められてしまう。西高も反撃に出た。後半36分、ペナルティーエリア右外側でFKを得ると、ゴール前に高いボールを入れ、西高DF福世航大が競り勝ちヘディングシュート。昌平高GKの絶対に届かない逆サイドにシュートは飛んだ。西高選手が触れればゴールというボールに、主将の田中龍太郎と交代で入ったMF田村優人が飛び込む。外側から飛び込んだ田村が足で触るも、ボールは無情にもサイドネットに飛んだ。その後、西高は長身DF大鶴啓寛を投入しパワープレーに出るが、ゴールは遠かった。結局、後半31分の得点が決勝点となり、西高は昌平高に1対2で敗れ高校選手権の出場権を獲得することはできなかった。
 西高は昌平高とは、関東大会予選準決勝、高校総体予選決勝に続き、本年度3回目の対戦だった。過去2回は大差で敗れてしまったが、今回は西高が過去の対戦から昌平高を研究し、対策したとおりの守備ができていた。特に後半は、守備だけでなくボールをつないで攻撃することもできていた。それだけに2点とも、攻撃したところでショートカウンターをくい失点をしてしまったのは、今後の大きな教訓にしなければならない。ただ試合内容としては自分たちの考えたプラン通りに戦えており、大善戦と言っていい。また今年度のチームとして最も素晴らしい内容の試合をしたと評価をすることができる。それだけに、勝負に勝つことができなかったことがなんとも悔しく、残念な試合となった。

 本日も実に多くのOBの方がスタジアムに応援に来て下さった。心から感謝いたします。

カテゴリー: ニュース | コメントする

高校総体、西高の試合が動画サイトでご覧になれます

高校総体の1、2回戦が全国高体連公式インターハイ応援サイトである「インハイtv」で見ることができます。仙台まで応援に来られなかったOBの皆様には、ぜひこの動画サイトで現役選手たちの戦いぶりを見ていただければ幸いです。

この他にも、埼玉サッカー通信、高校サッカードットコム、ゲキサカ、WEBオーレ!埼玉など、ネット系サッカーメディアで、高校総体での西高の戦いぶりが報じられています。詳しくは、【保護者会のHP】からご覧下さい。

カテゴリー: ニュース | コメントする

【緊急】寄付へのお礼と報告

浦和西高サッカー部OB各位ならびに浦和西高卒業生各位

浦和西高サッカー部OB会長 池田明史

盛夏の候、浦和西高サッカー部OBの皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
皆様にお願いしておりました、南東北高校総体参加のための寄付は、サッカー部OBに限らず、多くの浦和西高卒業生の皆様から支援をいただき、わずか1ヵ月で総額240万円に達しました。皆様のご厚志に心からお礼申し上げます。
 皆様から頂戴した寄付で、2回戦・京都橘高戦のための応援バスを保護者会と共同で出すことができ(1回戦・東北学院戦は学校負担)、1、2回戦とも全部員による総体への参加が実現しました。この他にも、ユニホーム(ホーム用・ブルー、アウェー用・グレー)の新調、ベンチ入りマネジャー3人の旅費・宿泊費、登録メンバーの栄養費補助、応援団の飲料費、応援Tシャツの製作費など、当初考えておりましたサポートの多くを実現することができました。これら全て、皆様からの支援の賜物です。重ねてお礼申し上げます。
 後日、会計報告はこのHPでさせていただきますが、まずはお礼とご一報を入れさせていただいた次第です。ありがとうございました。

カテゴリー: ニュース | コメントする

選手権予選、決勝戦がサッカーダイジェスト等で報道されています

2017年11月19日(日)に駒場スタジアムで行われた、高校選手権大会埼玉県予選決勝での西高の戦いが、「サッカーダイジェストweb」をはじめ、「ゲキサカ」「埼玉サッカー通信」「高校サッカー通信」「埼玉新聞」で報じられています。写真も多数掲載されています。

カテゴリー: ニュース | コメントする

【速報】西高B、南部支部リーグ2部Aを無敗で優勝

 西高Bチームが参戦している埼玉県南部支部SS2Aリーグの最後の試合が、11月18日(土)に行われた。西高Bチーム(リーグ1位、勝点31)は、西高グランドで11時00分試合開始、県立川口高(リーグ6位、勝点10)と対戦し3対1(1対0、2対1)で勝利した。西高Bチームは、これで10勝0敗4分けの勝点34となり、優勝と次年度の南部支部1部リーグへの昇格に、「無敗で」という華を添えた。
 
 この試合、西高はBチームに所属する3年生の引退試合として、先発全員を3年生で臨んだ。前半1対0で終えた西高だったが、後半開始早々にFKから川口高選手にボールをヘディングですらされ同点ゴールを決められてしまう。ここでBチームの中島康雄コーチから「3年生の意地を見せろ」という叱咤激励があり、西高選手がその声に応えた。
 後半8分、西高が中盤でボールを奪うと、西高FW陣が相手DFラインと駆け引きをして、中盤の選手からスルーパスを呼び込み、オフサイドラインを上手く抜け出す。西高FWは右サイドを破ってペナルティエリア内に侵入すると、シュートを打たずにボールを折り返す。そこに西高MFが詰めて、サイドキックで易々とボールをゴールへ流し込み、西高が再びリードを奪った。得点の直後に西高は、自分たちのミスから川口高にボールを奪われシュートに持ち込まれるが、シュートがゴールの枠を外れことなきを得る。後半15分、西高は再びショートカウンターから、FWにつなぐとFWがドリブルでペナルティエリア内まで持ち込み、今度はシュートを選択する。これがゴールとなり、西高は3対1とリードを広げる。西高はその後も攻め続けたが、シュートがバーに当たって跳ね返るなど、追加点はあげられないまま試合は終了した。
 昨年は1部昇格を成し遂げられなかったBチームだったが、今年度は無敗という好成績でミッションを達成した。同時に、明日19日の高校選手権県予選決勝戦へ向け、チームの士気を盛り上げるのに貢献した。

カテゴリー: ニュース | コメントする

選手権予選、準決勝の様子が報道されています

 2017年11月12日(日)にNack5スタジアムで行われた、高校選手権大会埼玉県予選・準決勝での西高の戦いが、「埼玉新聞」「埼玉サッカー通信」「高校サッカー通信」で報じられています。写真も多数掲載されています。

カテゴリー: ニュース | コメントする

選手権予選、19日の決勝も埼スタのバックスタンドへ集合

 第96回全国高等学校サッカー選手権大会の埼玉県予選が2017年10月14日(土)から始まった。本年の高校総体埼玉県代表となった西高は、11月19日(日)に行われる決勝で昌平高と対戦する。試合は埼玉スタジアムで14時05分にキックオフされる。OBの皆様には、バックスタンドの応援席にお集まりいただき、声援を送って下さいますようお願いします。入場料は大人1,000円です。
 なお試合開始前には、サッカー部の伝統とも言える校歌斉唱が応援の部員たちによって行われますので、ご唱和下さるよう、重ねてお願いします。昌平高とは本年3回目の対決です。今度こそ勝利できるよう、選手を大きな声で鼓舞しましょう。
 19日の決勝の様子は、当日14時00分からテレビ埼玉で実況中継が予定されています。仙台での高校総体の時のように、現役部員、保護者、OBの三者が一体となった大応援団で、相手校の応援を上回りたいと思います。決勝も12日の準決勝と同様、高校総体の際にお配りした応援Tシャツをお持ちの方は、着用して盛り上げていただけるようお願いします。応援Tシャツをお持ちでない方は、青色か紺色のシャツを着てご来場いただけたら幸いです。

 本HPの「OBからの激励メッセージ」欄で、OBの皆様から現役選手たちへの激励メッセージを募集しています。「頑張れ」という一言でも結構ですので、卒業年度とお名前をお書きいただき投稿していただけたら幸いです。
 決勝戦終了後に即席の同窓会を開きたい方は、「激励メッセージ」とともに、時間や場所をお書きいただき「掲示板」代わりにお使いいただいても結構です。埼玉スタジアムに一人でも多くのOBが集まることが、現役選手たちを強く後押しするはずです。

 

カテゴリー: ニュース | コメントする

【速報】選手権予選、浦和東高に逆転勝ちで決勝進出

 第96回全国高等学校サッカー選手権大会の埼玉県予選が2017年10月14日(土)から始まった。第2シードの西高は、本日11月12日(日)の13時35分からNack5スタジアムで準決勝を浦和東高と戦い、2対1(0対1、2対0)と逆転で勝利し決勝へ駒を進めた。この準決勝は、本日12日の19時45分からテレビ埼玉で放映される。Nack5スタジアムまで来られなかったOBの皆さまは、ぜひテレビで試合の様子をご覧下さい。
 決勝は、11月19日(日)の14時05分から埼玉スタジアムで行われ、西高は今予選の第1シード・昌平高と対戦する。昌平高とは関東大会予選準決勝、高校総体予選決勝に続き、本年3回目の対戦となる。過去2回は敗れているが、今度こそ勝利し高校選手権の出場権を獲得できるよう、OB諸氏の熱い応援をお願いする。

【試合評】
 西高と浦和東高の戦いは、浦和同士、公立校同士、さらには本年3回目の対戦ということで注目を集めた。前半6分いきなり試合は動いた。西高が東高エンドに入り攻めていたところで、東高にボールを奪われる。ここから東高GKに大きく前線にフィードされ、西高CBと東高CFとで競り合う。ここで西高のCB二人が、チャレンジとカバーの役割分担を忘れ、二人で競りに行ってしまった。その上、西日で目測を誤ったのか、滅多に競り負けることのない西高の長身CBが東高CFに競り負けてしまう。これに東高MFが素早く反応し、西高GKと1対1になるや冷静にゴールにボールを流し込まれ、西高は開始早々に失点を喫してしまう。この1点が重くのしかかったのか、前半の西高はやや消極的になり出足で東高に負け、ルーズボールを東高に拾われ連続攻撃を受けてしまう。ようやく前半30分過ぎから、東高のラインが間延びしたのか、西高もボールをつなげるようになる。前半32分には、ロングスローから流れたボールを左からロビングを入れヘディングシュート、続いて34分にも自陣からのFKをゴール前に蹴り込みヘディングシュートするが、どちらもゴールに飛ばすことが出来なかった。前半36分には、前半では一番いい展開で東高陣内に攻め込みチャンスを作るが、東高DFに阻まれ西高はシュートに持ち込めなかった。その後、前半終了間際には、東高選手のドリブルにDF3人が引きずられピンチを迎えてしまうが、西高はCBがCKに逃げ難を逃れる。前半は西高1点ビハインドのまま終了した。
 後半もいきなり試合が動いた。市原雄心監督にハーフタイムに喝を入れられた西高は、前半とは真逆でルーズボールを拾いまくり、東高を連続して攻め立てた。後半5分、西高が東高陣内でスローインを得て攻めるが、一旦は東高に跳ね返されてしまう。ここで西高は諦めずボールを拾ってパスを廻し、そこから西高MF遠藤寛紀がペナルティエリア内をドリブルで進みセンターリングする。これをロングスローで上がっていた西高CB福世航大が鮮やかな左足ボレーでシュートを突き刺し、試合を1対1の振り出しに戻す。その2分後にも、西高がパス回しから右サイドを崩し西高CFが東高GKと1対1となるが、シュートが東高GKの真正面に飛び追加点とはならない。後半17分には、西高がカウンター攻撃から決定機を作る。シュートをゴールに流し込めば1点という場面で、西高FWのシュートは東高GKに足でわずかに触られゴールとはならなかった。その後、試合はやや膠着状態になる。西高は、3人の選手を次々と交代させ、前線を活性化させるが、なかなか決定機を掴めない。スタジアム内に延長戦入りかというムードが流れてきた後半39分、西高はカウンター攻撃からMF唐牛七海が右から左にドリブルで切り裂き、最後は交代で入ったCF森善紀へパスをすると、森は左足でコースを狙いボールをゴール右スミに流し込み、ついに西高が逆転する。アディショナルタイムは4分。ここで東高も最後の粘りを見せ、西高は右サイドを攻略され東高にシュートを打たれるが、西高GK齋藤大伽が片手で左サイドへ弾じいた。それを再び東高MFに詰められるが、シュートはゴールの枠に飛ばず、試合は終了した。
 西高が高校総体予選準々決勝と同様に、浦和東高を1点差で避け、決勝戦への切符を掴んだ。

カテゴリー: ニュース | コメントする

【速報】西高B、南部支部リーグ2部Aで優勝

 西高Bチームが参戦している埼玉県南部支部SS2Aリーグの試合が、11月11日(土)に行われた。西高Bチーム(リーグ1位、勝点28)は、西高グランドで15時00分から、浦和実業高(リーグ6位)と対戦し3対1(1対1、2対0)で勝利した。西高Bチームは、これで9勝0敗4分けの勝点31となり、1試合を残したまま南部支部SS2Aリーグに優勝し、来年度の南部支部リーグ1部への昇格を決めた。
 南部支部SS2Aリーグは残り1試合となった。西高Bチームの次の試合は、11月18日(土)の11時00分から県立川口高と西高グランドで対戦する。西高Bチームが無敗のままリーグ戦を終えられるよう、OB諸氏の応援をお願いする。

【試合評】
 勝てば優勝が決まるという試合になり、前半の西高Bチームはやや緊張したのか、攻めてはいるがシュートにまで到らないというもどかしい戦いぶりになった。それでも前半22分、西高はデフェンスから右MFへつなぐと、右MFがセンターリングするも、これが西高FWの背後に行ってしまい一瞬チャンスが潰えたかに思われた。しかし、西高FWがゴールを背にしたまま背中越しにシュートをするとこれが浦和実業高ゴール右すみに決まり、西高はラッキーな先制点を上げる。しかしその3分後に、浦和実業高MFにペナルティーエリア手前からミドルシュートを打たれ、これが決まり、試合は振り出しに戻ってしまう。前半は、浦和実業高が2本のシュートのうち1本を決めたのに対し、西高は何本ものシュートを打ちながら1点に止まり、1対1の同点で終わった。
 後半は、開始1分で西高が追加点を上げる。西高左MFがペナルティーエリアに侵入し折り返すと、西高FWがこれに詰め再びリードする。追加点でリラックスできたのか、この後は西高が何回かシュートチャンスを掴むが、シュートがことごとくバーを超えてしまった。後半12分、西高CBが自陣サイドでボールを奪うと浦和実業高の守備陣の裏へシンプルに蹴り込む。これが絶妙のフィードになり西高左MFが抜け出て、ペナルティーエリアの手前からミドルシュートをする。ゴールインかと思われたが、浦和実業高GKがファインセーブで止める。しかし、こぼれ球に西高選手が詰めてボールを無人のゴールへ流し込み、3対1と西高がリードを拡げる。その後も西高は何回かチャンスを掴むがゴールとはならず、試合は3対1で終了した。
 この結果、西高Bチームは来年度、埼玉県南部支部リーグの1部に昇格する。1部リーグでは、攻撃時に決定力を上げるとともに、守備ではもっと厳しく相手に体を寄せなければ良い成績はあげられない。1部リーグに昇格した年に優勝する、という目標に向かい努力を重ねてほしいものである。その前に、県立川口高との最終戦に勝って、無敗で1部昇格を果たしてくれることを願っている。
 

カテゴリー: ニュース | コメントする

選手権予選、準々決勝の西高の戦いが報道されています

 2017年11月5日(日)に駒場スタジアムで行われた、高校選手権大会埼玉県予選・準々決勝での西高の戦いが、「埼玉新聞」「埼玉サッカー通信」で報じられています。写真も多数掲載されています。

カテゴリー: ニュース | コメントする

選手権予選、12日の準決勝はNack5のバックスタンドへ集合

 第96回全国高等学校サッカー選手権大会の埼玉県予選が2017年10月14日(土)から始まった。本年の高校総体埼玉県代表となった西高は、11月12日(日)に行われる準決勝で浦和東高と対戦する。試合はNack5スタジアムで13時35分にキックオフされる。OBの皆様には、バックスタンドのスコアーボード寄りの応援席にお集まりいただき、声援を送って下さいますようお願いします。入場料は大人1,000円です(訂正・お詫びを参照)。
 12日の準決勝の様子は、当日19時45分からテレビ埼玉で放送が予定されています。仙台での高校総体の時のように、現役部員、保護者、OBの三者が一体となった大応援団で、相手校の応援を上回りたいと思います。今回も5日の準々決勝と同様、高校総体の際にお配りした応援Tシャツをお持ちの方は、着用して盛り上げていただけるようお願いします。応援Tシャツをお持ちでない方は、青色か紺色のシャツを着てご来場いただけたら幸いです。

訂正・お詫び:「選手権予選、5日の準々決勝は駒場のバックスタンドバックスタンドへ」の記事に、入場無料とありましたが、無料となるのは応援に来場した西高の在校生だけでした。大人の入場料は1,000円でした。訂正してお詫びします。

カテゴリー: ニュース | コメントする

【速報】選手権予選、正智深谷高に勝利しベスト4へ

 第96回全国高等学校サッカー選手権大会の埼玉県予選が2017年10月14日(土)から始まった。第2シードの西高は、本日11月5日(日)の11時35分から駒場スタジアムで準々決勝を正智深谷高と戦い、1対1(0対0、1対1、0対0、0対0)の同点からPK戦を5対4で制し、準決勝へ駒を進めた。
 本年の高校総体埼玉県代表となった西高と前年の高校選手権代表校・正智深谷高との戦い、ということで注目を集めた一戦は、後半3分に正智深谷高に先制されるも、後半12分に西高が同点ゴールをあげ、前後半を終了し1対1で延長戦にもつれ込んだ。延長戦は、前半に西高が2度ビッグチャンスを掴んだがこれを決めきれず、最後はPK戦となった。PK戦では、西高GK齋藤大伽が正智深谷高の2人目を止め、西高はキッカー全員が決めて、正智深谷高の3連覇を阻むとともに準決勝へのキップを掴み取った。この準々決勝は、本日5日の18時からテレビ埼玉で放映される。駒場スタジアムまで来られなかったOBの皆さまは、ぜひテレビで試合の様子をご確認下さい。
 なお準決勝は、11月12日(日)の13時35分からNack5スタジアムで行われ、西高は浦和東高と対戦する。高校総体に続き高校選手権の出場権を獲得できるよう、OB諸氏の熱い応援をお願いする。

 トーナメント表は「こちら」をご覧下さい。

【試合評】
 準々決勝は、試合開始から約20分間は西高が攻勢に出た。しかし、守備の堅い正智深谷高に阻まれ、西高はシュートにまで持ち込むことが出来ない。そうすると、20分過ぎからは正智深谷高の攻撃陣にエンジンがかかり、正智深谷高の攻めがスピードアップした。西高は、前半35分過ぎから再三ピンチを迎えるが、GK齋藤大伽と守備陣が粘り強く守ってゴールを割らせず前半を終了する。
 後半はいきなり試合が動いた。後半3分、正智深谷高左MFが西高の右サイドから大きく左サイドへとクロスボールを蹴る。これが西高守備陣の頭をふわりと越え正智深谷高右MFに渡り、正智深谷高MFにトラップから素早くシュートを決められてしまう。1点を失った西高も同点にすべく攻撃に出る。後半12分、左サイドでボールを廻したところで、西高MF加藤淳志が相手ペナルティーエリアにドリブルで侵入し、ゴールラインぎりぎりのところから折り返すと、これを西高FW浅見海斗がこちらもトラップから落ち着いてシュートを決め、西高がスコアーを1対1の振り出しに戻す。その後は、両チームとも疲れからかややラインが間延びし、互いにチャンスを掴むがどちらも決めきれないという試合展開になり、試合は1対1のまま延長戦に突入する。
 延長戦に入ると、前半はまたもや西高が主導権を握った。延長前半2分、右から西高MF加藤淳志がクロスを入れると、これが強い北風に乗ったのかボールがゴール方向に流れバーに当たって跳ね返る、その難しいボールを西高MF田村優人が強烈なボレーシュートを見舞う。ゴールかと思われたが、正智深谷高GKに超ファインセーブで弾き出されてしまう。延長前半8分には、またもや西高が右CKを得る。直接シュートはできなかったが、左サイドで西高がボールをキープし、そこから西高MF楮本颯が抜け出し、ゴールライン手前ギリギリのところから折り返す。それに西高FW高橋岬生が飛び込むが、惜しくも触れず、ボールはゴール前を横切ってしまった。延長前半、西高は2度のビッグチャンスを逃してしまう。
 延長後半は逆に正智深谷高に主導権を握られ、西高は守勢に追い込まれる。正智深谷高の攻めを跳ね返し続けた西高だったが、終了間際の延長後半9分、ここまで好守を見せていた西高GK齋藤が、ゴール前でファンブルをしてしまう。正智深谷高FWに飛び込まれるが、正智深谷高選手も疲れていたのかシュートがゴールに飛ばず、西高は難を逃れる。その直後に試合終了の笛が鳴った。
 試合は100分戦っても結着がつかず、勝負はPK合戦へともつれ込んだ。PK合戦は1人目が共に成功し、先攻・正智深谷高の2人目のキックを西高GK齋藤大伽が横っ飛びで止め、西高がリードを奪う。その後、正智深谷高も3人がPKを決めたが、西高はキッカー全員が決め、西高がPK合戦を5対4で制し、準決勝への切符を掴んだ。

カテゴリー: ニュース | コメントする