西高女子、28日の対越ヶ谷高戦に勝利

 女子の平成30年度学校総合体育大会が2018年4月21日(土)から始まった。

 新人大会5位の西高女子はシードされて、28日(土)の2回戦から登場した。28日、西高女子は大宮武蔵野高グランドで13時15分から、越ヶ谷高と対戦し9対0(3対0、6対0)で勝利し3回戦へ進んだ。西高女子は、4月30日の11時30分試合開始、西高グランドで市立浦和高と対戦する。OB/OGの応援をお願いする。

 女子の関東大会予選を兼ねる学校総合体育大会は、昨年から大会形式が変わり、予選リーグがなくなり1発勝負のトーナメントだけになった。それだけに、初戦の緊張感は他の大会よりも高くなったと思われる。そういう中でこの日西高女子は、前半こそ3点に止まったが、後半は選手を大幅に替えたにもかかわらず、6点を加えゴールラッシュで大勝した。守備も越ヶ谷高にチャンスらしいチャンスを与えない危なげない試合運びで勝利し、順調な船出となった。

カテゴリー: ニュース(女子) パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です