【速報】総体予選、武蔵越生高に勝利し2回戦へ

 高校総体(インターハイ)サッカー大会埼玉県予選が6月9日(土)から始まった。

 西高は、9日の10時30分から越生町の武蔵越生高グランド(越生町上野東1−3−10)で武蔵越生高と対戦し、3対0(2対0、1対0)で勝利した。西高は、6月10日(日)に行われる2回戦へ駒を進めた。

 試合はホームの武蔵越生高のヘディングシュートで始まった。気温も午前中から30度近くまで上がり、アウェーの西高には厳しい展開になるかに思われた。しかし、前半10分、西高は左CKのこぼれ球をシュートし先制する。西高はその後、FKから再び得点し、前半を2対0で終えた。
 後半は開始から武蔵越生高に攻められ、西高は再三ピンチを招いてしまう。中盤の選手が突破にこだわったため、パスが回らなくなり攻撃が単発になってしまう。それでも、西高はピンチをGKを中心にしのぐと、給水タイムの後には選手を交代し、再びゲームの主導権を握れるようになった。しかし、追加点を奪えないまま時間が過ぎ、このまま試合終了かと思われた後半39分、西高MFがペナルティーエリア内で相手選手を技巧的なターンで交わすと、角度のないところからシュートを逆サイドへ決めた。西高はホームチームである武蔵越生高に3対0で勝利し、2回戦へ進んだ。

 2回戦も武蔵越生高グランドで10日(日)に行われる。西高は12時30分から浦和学院高と対戦する。OB諸氏の応援をお願いする。

カテゴリー: ニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です