【試合評】U-18リーグ、対越谷西高戦

2017年の高円宮杯サッカーリーグ埼玉県リーグは、5月7日(日)に第4節が行われた。2部Aリーグの西高(2位)は、7日の12時からさいたま市の浦和南高グランドで、越谷西高(4位)と対戦し2対0(0対0、2対0)で勝利した。この結果、西高は4勝0敗の勝ち点12で、順位は浦和学院高に次いで2位は変わらなかった。

試合は前半、西高は越谷西高に対して優位にボールをキープすることは出来ていたが、越谷西高のサイドバックの裏側のスペースを突くことが出来ず、決定機を作れないまま時間が過ぎていった。一方で、3月に完成したばかりの浦和南高の真新し人工芝に足を取られる場面が見られるなど、西高はDFラインのボール廻しが安定せず、時折、DF間でミスが出て越谷西高にチャンスを与えてしまうという展開で、前半は得点を上げられないまま終った。

後半に入り西高は、しだいに越谷西高の両サイドバックの裏側に侵入することができるようになった。後半13分、西高MFが味方とのパス交換からペナルティーエリア内にドリブルで侵入すると、越谷西高DFがたまらず後ろ側から足を出して西高MFを倒してしまう。これで得たPKをきっちり決め、西高が先制する。その後、一進一退の攻防が続く中、後半20分、西高が自陣内で得たFKを下がってきたFWへつなぎ、そこからMFにつないでMFがシュートすると、これが鮮やかに決まり西高が2対0とリードを広げる。その後も西高が何度もチャンスを作るが、越谷西高GKのファインセーブに阻まれたり、シュートをバーの上にふかしてしまったりして、西高は3点目を上げることができなかった。一方、後半の西高の守備に関しては、前半の不安定さは修正されていた。何本かシュートは打たれたものの、越谷西高の選手にフリーで打たれたものはなく、相手に体を寄せる守備は出来ていた。西高としては欲を言えば3点目が欲しいところではあったろうが、無失点で越谷西高に勝利出来たのは評価に値する。

なおU-18リーグは、5月14日(日)に第5節が行われる。西高は、12時00分試合開始で国際学院高と、新座市の西武台高第2グランド(新座市大和田3-10)で対戦する。OB諸氏の応援をお願いする。

2017年3月に完成したばかりの浦和南高の人工芝グランド

カテゴリー: ニュース | コメントする

【速報】U-18リーグ、越谷西高に勝利し開幕4連勝

2017年の高円宮杯サッカーリーグ埼玉県リーグは、5月7日(日)に第4節が行われた。2部Aリーグの西高は、7日の12時からさいたま市の浦和南高グランドで、越谷西高と対戦し2対0(0対0、2対0)で勝利した。この結果、西高は4勝0敗の勝ち点12となった。

なおU-18リーグは、5月14日(日)に第5節が行われる。西高は、12時00分試合開始で国際学院高と、新座市の西武台高第2グランド(新座市大和田3ー10)で対戦する。OB諸氏の応援をお願いする。

カテゴリー: ニュース | コメントする

U-18リーグ、7日は越谷西高と対戦(浦和南高G)

2017年の高円宮杯U-18サッカーリーグ埼玉県リーグは、5月7日(日)に第4節が行われる。

昨年1部リーグで8位となり2部に降格した西高は、7日の12時00分からさいたま市の浦和南高グランドで、越谷西高(4位)と対戦する。西高はここまで3勝0敗の勝ち点9。得失点差で浦和学院高についで2位。1部復帰を目指して戦う西高へ、OB諸氏には熱い応援をお願いする。

カテゴリー: ニュース | コメントする

現役ツイッター、保護者会ツイッターとリンクしました

浦和西高サッカー部(現役)の公式ツイッターと保護者会の公式ツイッターにリンクしました。

現役の試合予定や公式戦の得点経過がリアルタイムでツイートされますので、OB会HPでフォローして下さい。

カテゴリー: 運営者より | コメントする

【速報】西高女子、南稜高に惜敗しベスト8で散る

女子の平成29年度学校総合体育大会は2017年5月5日(金・祝)に準々決勝が行われた。西高女子は、11時30分から入間市の入間向陽高グランドで南稜高と対戦し、1対2(1対2、0対0)で惜しくも敗れた。

試合は実力拮抗するチーム同士の一進一退の戦いとなった。試合は、追いつかなければならない西高女子が攻め立て、南稜高が跳ね返してカウンターからビッグチャンスを得る、という展開となった。西高女子は攻めるのだが、リードされた焦りからか相手のキックアンドラッシュ戦法に合わせて、蹴り合ってしまった。このため西高女子はCFを狙った縦パスが多くなり、何度も相手の二人のCBと時にはGKに蹴り返され決定的なチャンスを作れなかった。

最大のチャンスは後半25分、南稜高サイドで得たFKから西高女子がバックヘッドでシュートしたシーンだった。相手GKも触れなかったが、ボールはわずかにバーを超えてしまった。このチャンスの後は、西高女子がボールをつなぎ南稜高を押し込む時間が10分ほど続いたが、最後まで同点にすることはできなかった。

後半の最後になって見せたような、ボールをつないで相手を崩すサッカーがもっと早い時間から出来ていたら、西高女子が追い付くことができたのではないかと思う。南稜高のカウンター攻撃に対しても、西高GKが好反応を見せ2度も決定機を防いでいただけに、西高女子にツキが回って来てもよく何とも悔しい敗戦となってしまった。

カテゴリー: ニュース(女子) | コメントする

【速報】U-18リーグ、早大本庄高に勝利

2017年の高円宮杯サッカーリーグ埼玉県リーグは、5月5日(金・祝)に第3節が行われた。2部Aリーグの西高は、5日の10時からさいたま市の堀崎公園グランドで、早大本庄高と対戦し1対0(0対0、1対0)で勝利した。この結果、西高は3勝0敗の勝ち点9となった。

試合は前半、西高が攻めるが早大本庄高が粘り強く守り決定機を作らせない、という展開となった。西高は、メンバーとポジションを入れ替えた影響からか選手の連携が今一つ悪く、ゴール前で相手DFを抜いたり入れ替わったり、ということができなかった。このため決定的なシーンも、立ち上がりすぐに相手ポストに当てるシュートがあっただけで、攻めてはいるのだが打ってもいいところで他の選手に回したり、落ち着きがなくシュートをバーの上へふかしたりしてしまい、前半は0対0のまま終えた。

後半になっても、西高が早大本庄高サイドで7割方ボールをキープするが、どうしても得点をあげられないまま時間が過ぎっていった。その間、何度か早大本庄高のカウンターに合い、逆に西高がヒヤリとするシーンを作られてしまう。このまま早大本庄高に守り切られるかと思った後半38分、西高がCKから混戦となったボールをゴールへ押し込み、ようやく先制点を上げた。これを守りきって、西高は何とかリーグ戦3連勝を果たした。

U-18リーグは、5月7日(日)に第4節が行われる。西高は、12時00分試合開始で越谷西高と、さいたま市の浦和南高グランドで対戦する。OB諸氏の応援をお願いする。

カテゴリー: ニュース | コメントする

西高女子、3回戦は大宮武蔵野高に勝利

女子の平成29年度学校総合体育大会は2017年5月4日(木・祝日)に3回戦が行われた。

西高女子は、14時30分から戸田市の惣右衛門グランドで大宮武蔵野高と対戦し、12対0で大勝し準々決勝へ進んだ。

西高女子は、5月5日(金・祝日)の11時30分から入間市の入間向陽高グランドで、南稜高と準々決勝を戦う。OB/OGの応援をお願いする。

カテゴリー: ニュース(女子) | コメントする

【速報】U-18リーグ第2節、春日部高に勝利

2017年の高円宮杯サッカーリーグ埼玉県リーグは、5月3日(水・祝日)に第2節が行われた。

2部Aリーグの西高は、3日の10時からさいたま市のレッズランドで、春日部高と対戦し3対1(0対0、3対1)で勝利した。この結果、西高は2勝0敗の勝ち点6と上々のスタートをきった。

U-18リーグは、5月5日(金・祝日)に第3節が行われる。西高は、10時試合開始で早大本庄高と、さいたま市の堀崎公園グランドで対戦する。OB諸氏の応援をお願いする。

カテゴリー: ニュース | コメントする

西高女子、30日の埼玉栄高戦に勝利

女子の平成29年度学校総合体育大会が2017年4月22日(土)から始まった。

新人大会4位の西高女子はシードされて、30日(日)の2回戦から登場した。30日、西高女子は西高グランドで11時30分から、埼玉栄高と対戦し1対0(1対0、0対0)で勝利し3回戦へ進んだ。西高女子は、5月4日の14時30分試合開始、戸田市の惣右衛門グランドで大宮武蔵野高と対戦する。OB/OGの応援をお願いする。

女子の関東大会予選を兼ねる学校総合体育大会は、今大会から大会形式が変わり、予選リーグがなくなり1発勝負のトーナメントだけになった。それ故、初戦の緊張感はこれまでの大会よりも高くなったと思われる。そういう中でこの日西高女子は、得点こそ前半10分に上げた1点に止まり最少得点であったが、栄高にチャンスらしいチャンスを与えず危なげない試合運びで勝利し、まずは順調な船出となった。

カテゴリー: ニュース(女子) | コメントする

【試合評】関東大会県予選準決勝、対昌平高戦

平成29年度高校サッカー関東大会埼玉県予選は、4月29日(土・祝日)に準決勝が行われた。西高は、さいたま市の埼玉スタジアム第2グランドで、11時00分から新人大会優勝校の昌平高と対戦し、1対5(0対0、1対5)で敗れ、残念ながら関東大会への出場はかなわなかった。

試合は静かな展開で始まった。本年度県下No.1チームとの評判が高い昌平高は、西高の実力を計るかのように、無理をせずに中盤でボールを回してきた。西高も集中し、昌平高MF陣がCFへ当ててくるくさびのパスによく足を出して、相手エースに決定的なチャンスを作らせなかった。

昌平高CFの巧みなターンに西高DFが入れ代わられてしまったシーンでは、西高GKが飛び出してピンチの芽をつんでいた。しかし、相手エース選手のスピードを警戒するあまり、西高DF陣はラインをこれまでの試合と比べ2、3メートル下げざるを得なかった。それに連動してMF陣も下がってくるため、西高DF陣がクリアーしたボールの大半を昌平高に拾われ、昌平高の波状攻撃を受けることになってしまった。

それでも前半は、西高も中盤で昌平高からボールを奪うと、何度もカウンター攻撃を繰り出し、西高として望んでいたであろう守備的な試合展開に持ち込み、ハーフタイムを0対0で迎えた。
しかし後半は前半とは異なり、いきなり試合が動いた。後半開始直後、昌平高に攻められた西高がカウンター攻撃に移ろうとしたところ、中盤で昌平高にボールを奪われてしまう。ここから西高が逆にカウンターをくらい、後半開始1分で昌平高に先制点を許してしまった。

その5分後には、昌平高CFにくさびのパスを足下に収められ巧みなターンで前を向かれると、西高DFの目の前からゴールの左上隅のここしかないというところにシュートを打たれ、西高は追加点を許してしまった。今大会、準決勝まで失点が1点しかない昌平高に、2得点を許してしまったこの時点で、試合の行方は大方決まってしまった。

得点を取るしかなくなった西高は、DFを一人外してFWを入れた。だが昌平高は冷静だった。西高の布陣を見て3バックの両サイドを突いてきて、30分までに合計5点を上げられてしまった。

しかし、西高もここから意地を見せた。30分以降は、西高が昌平高を攻め立て、何度もあわや得点かというシーンを作った。後半38分、CKから相手クリアーボールを拾った西高MFがゴール前にいいボールを送り込むと、CKの後も残っていた西高CBが高い打点のヘディングシュートで1点を返した。西高の反撃もここまで、その少し後に試合は終了し、西高は1対5で昌平高に敗れた。

今日の準決勝ではスタンドに多くのOBの姿を見ることができたが、西高は久しぶりの関東大会出場を果たすことはできなかった。現役選手たちには次のインターハイ予選では、本日の試合の後半戦を反省し、試合開始直後や後半開始直後など、試合の帰趨を決める重要な時間では決して失点しない、ということを肝に銘じてもらいたい。そうすれば、インターハイ予選では関東大会予選よりも強くなることができる、そう感じさせるだけのチームとしての潜在能力の高さを、西高は今大会示すことができたと思う。

カテゴリー: ニュース | コメントする