【速報】西高女子、花咲徳栄高に敗れ3位決定戦へ

平成28年度埼玉県高校女子サッカー新人大会の準決勝が、2017年2月5日(日)行われた。西高女子は、11時20分から東松山市の岩鼻サッカー場で、花咲徳栄高と対戦し2対6(2対4、0対2)で敗れた。

1月に行われた全国高校女子サッカー選手権の代表校である花咲徳栄高は、全国大会でも1、2年生を主体に戦っていただけに、今大会そのパワーは他校を圧倒するものがある。準決勝も西高女子が花咲徳栄高のパワーに押し込まれ、試合の7割方が西高エンドで行われた。花咲徳栄高のパワーに押し込まれる中、西高女子も頑張り何度か反撃を試み、FKからヘディングで得点するなどして2点を返した。他にも、もう少しだけ低ければ得点かというロングシュートを放つなど、惜しいシーンも作り出したが、終わってみれば6失点を喫してしまった。敗れた西高女子は、3位決定戦へ回ることになった。ここは気持ちを切り替えて、3位決定戦に臨んでもらいたい。

3位決定戦と決勝戦は、2月12日(日)に東松山市の岩鼻陸上競技場で行われる。西高女子は12時40分から3位決定戦で久喜高と対戦する。OB/OG諸氏の応援をお願いする。

カテゴリー: ニュース(女子) | コメントする

【速報】西高女子、新人大会は準決勝へ

平成28年度埼玉県高校女子サッカー新人大会の決勝トーナメント準々決勝が、2017年2月4日(土)行われた。西高女子は、11時20分から戸田市の惣右衛門グランドで、入間向陽高と対戦し1対0で勝利し、準決勝へ進出した。

準決勝は、明日2月5日(日)に東松山市の岩鼻サッカー場で行われる。西高女子は11時20分から全国高校女子選手権の代表校だった花咲徳栄高と対戦する。OB/OG諸氏の応援をお願いする。

カテゴリー: ニュース(女子) | コメントする

【速報】新人大会、埼玉平成高に勝利し準々決勝へ

平成28年度埼玉県高校サッカー新人大会県大会が2017年2月4日(土)から始まった。西高は、12時30分から飯能市の聖望学園高下川崎グランドで、埼玉平成高と対戦し延長戦の末、4対3(3対1、0対2、0対0、1対0)で勝利し準々決勝へ進んだ。

埼玉平成高との一戦、開始5分に西高はセットプレーから流れたボールをFWが押し込んで先制する。その後、前半15分に今度はもう一人の西高FWが鮮やかなシュートをゴールの天井に突き刺し、2対0とリードを奪う。西高の高い位置からのプレスが効き、試合は西高ペースのまま進むかと思われたが、前半20分で埼玉平成高ベンチが動きGKとフィールドプレーヤーを交代させる。交代後、埼玉平成高が自陣の低い位置からボールを徹底してつなぐと、試合のペースが埼玉平成高に傾く。前半28分、セットプレーから今度は埼玉平成高にお返しをされ、西高は1点差に迫られる。その後も、試合は埼玉平成高ペースのまま進む。西高も何度かカウンターで反撃を試みた前半終了間際、西高のサイドからのクロスを埼玉平成高選手がバックパスし、あわやオウンゴールかというところで埼玉平成高GKがたまらずボールをつかんでしまう。これがゴールエリアのライン上からの間接FKになり、西高がこれをキッチリと決め試合を再び2点差とし、前半戦を終える。

後半に入っても中盤を埼玉平成高に支配され、西高が耐えるという展開になる。立ち上がりの10分を耐えられれば相手のパス回しの勢いを止められると思ったが、その後半10分、埼玉平成高にシュートを打たれ、一度は西高GKが止めたかに見えたが、相手のシュートの強さが勝り西高GKの手からボールがこぼれ埼玉平成高に詰められ、再び1点差になってしまう。その後、埼玉平成高の交代で入ったFWに2度ビッグチャンスを作られるが、西高もGKが素早い飛び出しで防ぐ。しかし後半終了5分前、埼玉平成高MFにきれいにスルーパスを通され、埼玉平成高FWに抜け出されて西高は同点ゴールを決められてしまう。

試合は延長戦に突入する。延長に入り埼玉平成高もやや足が止まり始めるが、最初にビッグチャンスをつかんだのは埼玉平成高だった。1点やられたかという決定的なシーンで、最後は埼玉平成高FWがシュートを外してくれた。こうなると西高にもチャンスが生まれる。延長後半、何度か西高もカウンター攻撃で埼玉平成高ゴールに迫る。延長後半終了間際、西高がCKを獲得し、これを西高選手が執念のヘディングで1点をもぎ取る。この時点で、残り時間はロスタイムの2分間だけ。これを西高が耐え、延長戦で埼玉平成高に勝利した。

この試合、西高はつかんだチャンスを効率よく得点に結びつけ、一度も埼玉平成高に先行を許さなかったので、最後は勝利をものにすることができた。しかし、試合中2度も2点差にしておきながら、2点のリードを2度とも10分間守ることができなかった。このため相手の戦意をくじくことができず、接戦に持ち込まれてしまった。試合の運び方という面では、課題を突きつけられた試合だった。
平成28年度埼玉県高校サッカー新人大会県大会の準々決勝は、明日2月5日(日)に行われる。西高は14時から、昌平高グランドでシード校である西武台高と対戦する。OB諸氏の応援をお願いする。

なお新人大会県大会の組み合わせは、こちらをご覧ください。

またこの試合の写真は保護者会のHPをご覧下さい。

カテゴリー: ニュース | コメントする

新人大会県大会、1回戦は埼玉平成高と

平成28年度埼玉県高校サッカー新人大会県大会が2月4日(土)から始まる。

西高は、12時30分から聖望学園高の下川崎グランド(飯能市下川崎水越553)で、埼玉平成高と対戦する。埼玉平成高は、昨年行われた高校選手権埼玉県予選でベスト8に進み新人大会は県大会から出場するチーム、実力伯仲したチーム同士の戦いが予想される。OB諸氏の応援をお願いする。

なお新人大会県大会の組み合わせは、こちらをご覧ください。

カテゴリー: ニュース | コメントする

若手OB交流会は、2月11日にレッズランドで開催

35歳以下のOBを中心とした第8回浦和4校サッカー部<若手>OB交流会(浦和高、市立浦和高、浦和南高との交流試合)が、レッズランドで開催されます。若手OBの皆様は、ふるってご参加下さい。

日  時:2017年2月11日(土曜・祝日)14:00集合
     開会式を行った後、15時から17時までリーグ戦を行います。
会  場:レッズランド(天然芝グランド) 駐車場は有ります。
試合形式:1試合15分の総当りリーグ戦を予定。合計3試合。

試合に参加するOB(40歳ぐらいまでは参加可能です)は、白のパンツ、白のストッキング、レガースを持ってきて下さい。ユニフォーム(上着)は、OB会で用意します。

*今回グランドが天然芝なので、雨などで中止の場合は、当日の午前9時までに決定します。西高OB会HPまたは市高OB会HPに、開催するか中止するかを掲載しますので、レッズランドへ出かける前に必ず見て下さい。

参加費は無料です。なおOB会費を未納の方は、当日のご納入をお願いします。飲料、補給物は各自でご用意下さい。

カテゴリー: 運営者より | コメントする

【速報】西高女子、新人大会は準々決勝へ

平成28年度埼玉県高校女子サッカー新人大会の決勝トーナメント1回戦が、2017年1月29日(日)行われた。西高女子は、11時20分から加須市の花咲徳栄高グランドで、熊谷女子高と対戦し4対0で勝利して、準々決勝へ進出した。

準々決勝は、2月4日(土)に戸田市の惣右衛門グランドで行われる。西高女子は11時20分から入間向陽高と対戦する。OB/OG諸氏の応援をお願いする。

カテゴリー: ニュース(女子) | コメントする

【速報】新人大会、浦和東高にPK勝ち。南部支部1位で県大会へ

平成28年度新人大会南部支部予選は、2017年1月29日(日)に決勝が行われた。

西高は10時からさいたま市のRHF駒場で浦和東高と対戦し、1対1(1対0、0対1、延長0対0、0対0)の同点のまま前日に続きPK戦となり、PK戦を5対4で制し南部支部予選1位となった。

この試合、西高は幸運な形で先制点を得る。前半5分、攻められていた西高が大きく東高ゴールめがけてクリアーする。東高GKがプレスをかけにきた西高FWをいなしてからボールを流したところでキャッチしようとするうち、ボールがゴールに入ってしまった。幸運な先制点を得た西高だったが、その後は、早いテンポでパスを回す東高に中盤の主導権を取られ、攻められてしまう。ただ、前日の埼玉栄高ほど東高のプレッシャーがきつくないので、西高も東高ボールを奪うとカウンター攻撃を繰り出す、という展開になった。前日の反省からか、西高選手も前半から動きのペースを上げていて、東高に決定的チャンスを与えなかった。このままで終るかと思われた前半終了間際、東高選手がCKからのボールをPKマーク付近でドンピシャリのタイミングでヘディングシュートを放つ。一瞬、やられたと思うような勢いのあるシュートが飛んだが、ボールはいいポジションにいた西高GKの懐に収まっていた。ピンチをしのいだ西高が、1対0で前半を終える。

後半も早いテンポでパスを回す東高の攻撃を、西高が跳ね返してカウンター攻撃をかける、という前半同様の展開となった。残り時間が10分になったところでリードされている東高が、攻撃の圧力をさらに強めてきた。ここで西高選手の意識がやや「守り」に入ってしまったのか、東高ゴールへ迫ろうという姿勢が見られなくなり、ゴール前で相手の放り込んできたボールを跳ね返そうとするシーンが目につくようになった。残り7分、西高ゴール前へ送られたセンターリングに東高選手が頭で合わせ、西高は虎の子の1点を守りきれず同点にされてしまう。この後、西高も選手を交代し反撃に出るが、追加点は奪えないまま後半が終了する。

延長戦は、両チームとも要所要所でミスが目立ち、得点が入りそうな決定的チャンスを作れないまま、10分ずつの前後半が終わった。延長戦はどちらかと言えば、2日続けて延長を戦った西高に不利なように見えたが、その後のPK戦では逆に有利に作用した。PK戦は、2人目に西高GKが東高のキックを止め、相手にプレッシャーをかけた。8人目まで行ったPK戦は、最後は西高が5対4で制し、新人大会の南部支部予選1位となった。

今日の対戦相手・浦和東高も、17年度はU-18リーグ県1部に昇格する。西高はこの新人大会の南部支部予選で、県リーグ2部校相手に2勝、1部校相手には2引き分け、という結果だった。16校で争う県大会では、シードされていた他の1部校も登場する。そういう地力のあるチームと西高がどのように戦うのか、31日(火)の抽選が大変に楽しみである。なお、新人大会の県大会は、17年2月4日(土)、5日(日)、12日(日)、18日(土)の4日間にわたって行われる。OB諸氏の応援をお願いする。

なお、この試合の写真は保護者会のHPをご覧下さい。

カテゴリー: ニュース | コメントする