OBからの激励メッセージ

OBの皆様からのメッセージをお待ちしております。
下の「コメントを残す」に記載して「送信」ボタンを押してください。事務局で内容を確認してから掲載いたします。

OBからの激励メッセージ への8件のフィードバック

  1. 平田忠光 50年度卒 のコメント:

    2か月前、西野先輩がえらい仕事を引き受けたな。と、不安がありました。
    自分的には、年齢もあり、会社的にも家庭的にも守りに入っておりました。
    今回、西野さんの信念と指導力に感動して、西野ジャパンを応援しながら、これからの自分のあるべき姿を自問しているところです。同じ西高サッカー部OBとして、今一度自分が何ができるか見直す機会にもなりました。

    やって見せ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ
    話し合い 耳を傾け 承認し 任せてやらねば 人は育たず
    やっている 姿を感謝で見守って 信頼せねば 人は実らず

    タフなゲームばかりで総力戦となるでしょうが、選手・スタッフが一体となった西野ジャパンが歴史に残ることを信じ応援しています。がんばれ!西野ジャパン!

  2. 50年卒業GK星野知昭 のコメント:

    奇跡!とか大方の予想を裏切る結果とか、持っている!西野先輩。続いて予選も突破御願いします。

  3. 配嶋幹雄 昭和52年度卒 のコメント:

    原山小学校のスターだった西野さんが、ついに頂点に立ったことに興奮しています。
    サッカー監督として最高の仕事であり、やりがいは究極ですがその重積もまた巨大であり、お祝いの言葉をためらってしまいます。
    早大ラグビーの監督だった、名将 大西鐡之祐先生は、コーチング論という授業の中で話していました。「指導者、監督に絶対に必要なもの、1番必要なものは何だと思うか?」「それは選手自身が勝利を信じられるようにすることだ」
    この考えに従えば、今回のサッカー協会の英断は極めて正しい選択です。そして、All Japanを率いて、最大の決戦となる初戦のコロンビア戦で結果を残せるのは、アトランタオリンピックのブラジル戦を勝利に導いた西野さんしかいません。
    しかし、「とんでもない2ヵ月だなぁ。。。」と心底思います。が、『期待』しかないというのが本音です。原山小学校卒の配嶋でした。

  4. 中川聡 のコメント:

    西野さん、代表監督ご就任おめでとうございます!
    心待ちにしていたこの時がついに来ました。
    西野ジャパンを応援できるなんて本当に幸せです。
    声を直接お届けすることはできませんが、ご健闘を心よりお祈りしております。
    昭和58年卒一同

  5. 太田 義明 のコメント:

    西野さん、代表監督就任おめでとうございます!
    昭和51年卒の太田義明です。
    大変な時期に大役を引き受けましたね。
    でも、いつかはこんな日が来ることを密かに期待してました。
    西野さんは西高サッカー部、現役・OB・顧問すべての誇りです。
    つまらなそうなワールドカップが俄然楽しみになりました。
    「攻め切る」・・・日本代表の指揮官、西野さんの覚悟と活躍に期待しています!!
    頑張ってください!!

  6. 今井敏明 のコメント:

    今井です。
    さあ、いよいよ決勝戦です。
    試合後の祝勝会(反省会?)を有志でやります。
    場所は キャンティパパ
        JR浦和駅東口から徒歩一分
        日の出通りパルコ向い 048-882-5911
    開始時刻 試合終了後
    皆様の参加お待ちしてます!

  7. 中村 孝 のコメント:

    30年前に主将としてインターハイに出場した中村です。
    現在OB会ホームページの運用管理を担当しています。

    この度はインターハイ出場おめでとうございます。
    予選を勝ち続けるのはいくらうまいチームでも難しいことですので全国の切符を勝ち取ったのは本当に素晴らしいことだと思います。

    少し30年前のことをお伝えします。

    私が3年の時はちょうど埼玉県が2校出場できるようになった時でした。県予選ベスト4は武南、西高、浦学、西武台での総当たりでした。今回は武南が昌平に入れ替わっただけで、偶然にも面白いなと思いました。

    私の代は決してうまいチームではありませんでしたが、個性の強いチームで、新人戦優勝、関東予選はベスト16、インターハイ予選2位、選手権予選ベスト4という結果を残しました。

    インターハイは北海道で開催され、夏とは思えない寒さだったのを記憶しています。1回戦は国泰寺(広島)に2-1で勝ち、2回戦は韮崎(山梨)に1-0で勝ち、3回戦で光星学院(青森)に0-1で負け、ベスト16でした。

    県予選の上位からインターハイの試合まで主導権を完全に握った試合は最後の光星学院戦だけでした。いわゆる「内容で勝って結果で負ける」という感じでした。

    私からのメッセージとしては、主導権を握った時にどういうサッカーをするか、自分たちのサッカーとは何かを意識してどんな試合でも取り組めるようにメンバーでコミュニケーションを深め、インターハイに臨んでもらえればと思います。

    兎にも角にも、全国の晴れ舞台でサッカーを楽しんでください!応援しています。

  8. 今井敏明 のコメント:

    皆様、ご無沙汰いたしております。
    昭和48年卒の今井敏明です。
    私は現在モンゴル・ウランバートルの少年サッカーチームで指導しております。
    今のところ帰国予定は未定です。
    現役諸君の活躍、ならびにOB諸氏の御健康ご発展を祈っております。
    よろしくお願いします!
    今井敏明

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です