【速報】西高女子、関東大会準々決勝でPK負け

 第14回関東高校女子サッカー秋季大会が、2018年10月27日(土)から茨城県鹿嶋市のスポーツプラザ・鹿島ハイツで開かれた。27日の1回戦に勝利した西高女子は、本日28日の11時30分から鹿島ハイツの第4ピッチで、幕張総合高(千葉県第1代表)と対戦し、0対0の引き分けからPK戦(3-5)で敗れた。
 今日のPK負けは残念と言うしかないが、いつの日か女子が関東大会を制し男女共に関東大会の覇者となる日が来ることを願い、これからも応援していきましょう。

カテゴリー: ニュース(女子) | コメントする

【速報】西高女子、関東大会で初勝利!

 第14回関東高校女子サッカー秋季大会が、2018年10月27日(土)から茨城県鹿嶋市のスポーツプラザ・鹿島ハイツ(茨城県鹿嶋市田野辺659)で開かれた。西高女子は、本日27日の13時30分から鹿島ハイツの第1ピッチで、宇都宮短期大学付属高(栃木県第1代表)と対戦し3対0で快勝した。これは、西高女子が関東大会で上げた初めての勝利となった。
 明日10月28日(日)は準々決勝が行われる。西高女子は、11時30分から鹿島ハイツの第4ピッチで幕張総合高(千葉県第1代表)と対戦する。OB諸氏の熱い応援をお願いする。
 

カテゴリー: ニュース(女子) | コメントする

【速報】選手権予選、武南高に敗れる

 第97回全国高等学校サッカー選手権大会の埼玉県予選の3回戦が、本日10月27日に行われた。西高は12時30分から杉戸町の昌平高グランドで、武南高と対戦し3対1(1対1、0対2)で敗れた。

 試合は、前半5分、武南高の小柄で早いサイドハーフに西高の右サイドを抜け出され、GKとの1対1を冷静に決められ。西高は早々に失点してしまう。失点したことで逆に硬さがとれたのか、西高が反撃をする。惜しいシュートがゴール右に外れると、続けざまにFW森喜紀選手が左サイドを破りシュートするも、逆サイドのポストに当たりこれも外れてしまう。その後も、西高が主導権を奪って攻め続けた。前半30分、6本目のCKを短くつなぎMF石山凌太郎選手が絶妙なクロスを上げると、1年生FW荒井慶太選手がヘディングシュートを決め、西高が同点に追いつき前半は終わった。
 後半も、西高は積極的に攻め続けた。右サイドのMF赤羽優希選手のセンタリーリングは、FW荒井選手の頭にピッタり合ったが、シュートが少しだけバーの上に飛んでしまった。後半20分には、やはり右からのセンターリングを、またもFW荒井選手が右足ボレーでシュートし決まったかと思われたが、これは武南高GKのファインセーブに阻まれてしまった。そのCKを今度はFW森選手が左足でシュートするが、これは武南高DF陣にブロックされてしまう。西高が勝ち越し点を奪うことができずにいると、後半30分、西高は右サイドでボールを奪われると武南高のカウンター攻撃を食い、逆サイドへ速いパスを通され武南高に追加点を奪われてしまう。西高も反撃し、カウンター攻撃から左SB本村圭佑選手がGKと1対1となるが、シュートは惜しくも外れてしまう。後半37分、西高が右CKを蹴るがボールが流れ、これを武南高に繋がれて西高の左サイドを破られ決定的な3点目を奪われ、西高は万事休してしまった。

 本日の西高は、「試合に勝って、勝負に負けてしまった」と言うことそのものであり、残念と言う他なかった。勝敗を分けた点は、前半に7本もあったCKから1点しか奪えなかったことと、後半20分前後の攻防で西高が追加点を奪えなかった、この2点である。逆に言えば、武南高はボール支配率で劣っていても、両サイドの小柄でスピードのあるMFを活かして効率的なカウンターを繰り出し、得点を重ねた。この点に、1部リーグ校と2部リーグ校の勝負に対する姿勢の差が感じられた。西高も残りのリーグ戦を勝利で終え、来年は1部リーグの厳しい環境で戦って、選手権予選で良い結果を出してほしいものである。
 

カテゴリー: ニュース | コメントする

4校対抗、49歳以下・50歳以上ともに最下位。来年は雪辱を

 2018年10月21日(日)、第18回浦和4校サッカー部OB交流会が市立浦和高で8時30分から開催された。

 秋晴れの暖かな日差しのもと、県立浦和高、市立浦和高、浦和南高、西高のOBたちが、熱戦を繰り広げた。昨年は雨で中止となった4校対抗だったが、一昨年は西高の参加者が20人と少なく、50代以上のOBが連続して試合に出なければチームが編成できずメンバーのやりくりに苦労した。今回は、9月の末にOB会で西野朗氏の「慰労会」を開催し、席上、4校対抗への参加を呼び掛けたこともあり、一昨年より参加者が少し増え49歳以下8人、50歳以上16人(うち大会出場者11人)の合計24人と、参加者は一昨年より参加者が少し増えた。ただし、大会出場者は20人で50歳以上の選手が49歳以下の試合に出場しなければならず、メンバーのやりくりは一昨年と変わりがなく、結果は49歳以下も50歳以上も最下位だった。
 交流戦は、49歳以下チームが市立浦和高校の攻められながも、西高らしい守備で0点に抑えていたが、1点決められた後は緊張感が切れたのか、次々にシュートを決められ0対3で敗れた。50歳以上チームも、初戦で市立浦和高に0対1で敗れてしまった。この結果、49歳以下チームも50歳以上チームも、3位決定戦に廻ることになった。3位決定戦で、49歳以下チームは浦和南高に0対2、50歳以上チームは県立浦和高に0対1で敗れ、両チームとも無得点で最下位という最悪の結果となってしまった。
 なお、優勝は49歳以下が県立浦和高、50歳以上が浦和南高だった。
 西高の結果は近年にない最低のものになったが、交流戦後に行われた懇親会では、西高の最年少ということで挨拶に立った古川勝美君(平成7年卒)が、「来年は西高が49歳以下、50歳以上ともに優勝カップを持って帰ります!」と、力強く宣言してくれた。来年は西高が幹事校になることもあり、30人以上のOBを集め古川君の宣言を実現し、今回の雪辱を果たさなければならない。OBの皆様の参加を今からお願いします。

カテゴリー: ニュース | コメントする

「西野朗氏慰労会」の写真をアップしました

カテゴリー: 運営者より | コメントする

西野朗氏の慰労会、盛大に開催される

 2018年9月29日(土)17時から、さいたま市のホテル「ラフレさいたま」で、ロシアワールドカップで日本代表を率いて戦われた西野朗氏の「慰労会」が開催された。

 当日は、87歳になられた小川時雄・初代コーチや仲西駿策・第2代監督、県立浦和高、市立浦和高、浦和南高の各OB会幹部の方々、高野能弘・浦和西高校長を初めとする学校関係者、唐牛邦彦・浦和西高サッカー部保護者会会長など多数の来賓と、市原雄心現監督(1995年卒)とコーチたちそれに100人近いOB会員とで、総勢120人の出席者が集まり盛大な会となった。当日出席したOB会員のうち、最年長は1959年卒の田代英夫氏で最年少は2018年卒と、西高サッカー部の伝統を実感することができた。

 会合は、池田明史OB会長の「西野朗氏がワールドカップで日本代表を指揮し決勝トーナメントへ進出させたことを、全てのOB会員が誇りに思っている」との「開会の挨拶」で始まった。西野朗氏からは「全く期待されずに日本を出発したが、選手にネガティブな気持ちはなく、むしろブラジルワールドカップ敗戦からの4年間の思いをぶつけてやろうという気持ちが強かった。それが、コロンビア戦の開始から3分間に凝縮されて発揮された。帰国した時には大歓迎で迎えられたのだが、ベスト8へ行けたという思いがあり、敗れた悔しさだけだった。ただ、次のカタールワールドカップでベスト8入りできる基礎は築けたのではないかと思っている」、との挨拶があった。続いて、西野氏と西高、早稲田大学と5年間にわたり共にプレーした1973年卒の今井敏明氏の音頭で乾杯し、歓談に移った。

 来賓挨拶では、高野能弘・浦和西高校長からは、6月19日の対コロンビア戦に勝利した翌日から学校に取材が殺到した様子が語られた。次に挨拶に立たれた仲西駿策第2代監督は、ワールドカップでの4戦に指導者の目線から鋭い「質問」を投げかけ、西野氏も恩師からの問いということもあり、胸襟を開いて率直に答えていた。出席者は、「あの試合のこのシーンでは、こんなことを考えていたのか」ということを聞くことができ、会場が多いに盛り上がった。県立浦和高OB会副会長の松村道彦氏からは、中学や高校の選抜チームで西野氏と一緒にプレーした時のことが、市立浦和高校OB会の倉又泰弘事務局長からは、西高との対戦で西野氏をマークした時の体験が披露された。浦和南高OB会の窪田慎二副会長は、村井満Jリーグチェアマンからのメッセージを携え披露してくれた。

 歓談に移ると西野氏を囲んで写真撮影の列が途切れなかった。若いOB会員の子供たちは、西野氏からサインしてもらい嬉しそうな様子だった。その後、OB会員たちからの挨拶に移ると、ワールドカップだけでなく2017年のインターハイ出場も取り上げられ、浦和西高サッカー部の名前が再び全国へ発信された喜びがあふれた。1979年卒の林昭雄氏は、現在、庄和高校校長として高体連のサッカー専門部長をするとともに、埼玉県サッカー協会副会長の要職を兼任している。高体連サッカー専門部長として、インターハイ出場決定の際に西高を表彰した喜びを語ってくれた。小田郁子氏や今橋佑紀氏、石井汐里氏の女性会員たちは、西野氏の活躍で「西高のマネジャーをやってよかった」という誇らしい気持ちが強くなったことを、それぞれ語ってくれた。今年3月に卒業した最も若いOBたちも挨拶に立ってくれた。田中隆太郎氏はキャプテンとして2017年にインターハイへ出場した際にOBたちから物心両面で支援してもらったことへの感謝を、佐藤功大氏はインターハイで見えたものは県内の予選とは別次元だったことを、高橋岬生氏はインターハイ出場を決めた試合でのPKを蹴る際の緊張感を語ってくれた。会場内からは彼らの健闘を讃える大きな拍手が起こった。
 記念品贈呈では市原雄心監督から、「NISHINO」という名前と、西野氏以来、西高のエースナンバーとなった「14」が入った現在のユニフォームが手渡された。また、市原監督から現在のコーチングスタッフが紹介され、西野氏からスタッフへ「これだけのスタッフがいるから、近年の好成績があるということが分った」という労いの言葉があった。
 最後は、遠山茂・前OB会会長の「閉会の言葉」で、「西野朗氏慰労会」は盛況のうちに終了した。「慰労会」の様子は、写真をご覧下さい。

 なお、同日16時から同じ「ラフレさいたま」の4階ホールで、現役の男女サッカー部員180人を集めて、西野朗氏による「ミニ講演会」が行なわれた。当初30分の予定だったが、西野氏の話が熱を帯び1時間近くとなった。西野氏はロシアワールドカップへ向け日本代表の選手たちがどれだけ努力を積み重ね、どのような気持ちで戦いに臨んだかを語り、現役選手たちに良いパフォーマンスを発揮するために努力することを求めた。男女のキャプテンからは西野氏へのメッセージが読み上げられた。現役が退出する際には、西野氏は選手権予選に臨む男子と関東大会へ出場する女子、180人全員と握手し激励の言葉をかけていた。関東大会に出場する女子には、池田明史OB会長から栄養費として激励金が手渡された。

カテゴリー: ニュース | コメントする

17年高校総体への寄付で、シュート板を改修

2017年夏、南東北高校総体出場の際に、OBの皆様からいただきました寄付の一部を使い、西高グランドのシュート板を改修しました。

仲西駿策・第2代監督にお聞きしたところ、このシュート板は、藤浪武三・初代監督時代に小川時雄コーチが、建築業の腕を活かし作ってくれたものとのことです。その後、傷みが目立つようになり、仲西監督時代の1973年頃に、再び小川コーチが全面改修してくれたそうです。この時は、小川コーチが最初に建てた時の部材を残してくれていたのでその部材を使い、費用は、浦和西高の同窓会である西麗会が負担してくれたとのことです。シュート板の色は、仲西監督が周囲の景観に合わせ緑色にした、と語られていました。
今回、高校総体出場に際し、OBの皆様から総額250万円のご寄付をいただきましたが、残念ながら目標としていた準々決勝進出がならず、約50万円のお金が残りました。市原雄心・現監督とも使途を相談し、穴の空いた状態になっていたシュート板を改修することにし、18年4月にようやく完成しました。費用は、高校総体の寄付の残金だけでは足らず、毎年いただいておりますOB会費から少し支出し、サッカー部OB会で全額負担しました。色は、市原監督がチームカラーの青色を選び、表に市原監督が常日頃、選手に言っている「絶対無二の一蹴」というスローガンを掲げました。

OBの皆様には、西高グランドに足を運んでいただき、皆様のご厚意で改修することができたシュート板を、一度ご覧いただけたら幸いです。

カテゴリー: ニュース | コメントする

高校総体、西高の試合が動画サイトでご覧になれます

高校総体の1、2回戦が全国高体連公式インターハイ応援サイトである「インハイtv」で見ることができます。仙台まで応援に来られなかったOBの皆様には、ぜひこの動画サイトで現役選手たちの戦いぶりを見ていただければ幸いです。

この他にも、埼玉サッカー通信、高校サッカードットコム、ゲキサカ、WEBオーレ!埼玉など、ネット系サッカーメディアで、高校総体での西高の戦いぶりが報じられています。詳しくは、【保護者会のHP】からご覧下さい。

カテゴリー: ニュース | コメントする

U-16リーグ、越谷西高に逆転負け

1年生を中心としたチーム(2018年1月1日時点で16歳未満の選手が出場できる)で戦う、2018年度U-16埼玉県リーグが8月から始まった。昨年1部から降格し2部Aに所属する西高は、第8節で熊谷高に勝利し、リーグ戦の成績を5勝3敗勝点15としていた。
 2018年11月10日(土)の14時00分から、U-16リーグの第9節が行われ、西高は西高グランドで越谷西高と対戦し、1対2(1対1、0対1)で逆転負けを喫した。この結果、西高U-16チームは、最終節に勝利しても勝点18までしか行かず、現在2位の川口青陵高(勝点19)を上回ることができなくなり、西高U–16チームの1部リーグ参入戦への出場の可能性はなくなった。

 試合は、越谷西高が出足で勝り、開始から10分間ほど西高を圧倒した。ここを耐えた西高が、次第に試合のペースを引き戻し、後半30分にCKからヘディングシュートを決め先制する。しかし、その5分後、中盤で西高のパスをインターセプトした越谷西高にカウンターから同点にされてしまう。後半は互いに決め手がなく互角の展開となったが、後半20分、西高が越谷西高にCKを与えると、越谷西高の選手をフリーにしてしまい、西高は逆転弾を許してしまった。その直後から、西高も同点にするべく必死に攻めたが、決定機をつかめず試合は1対2のまま終了した。

 西高U-16チームの最終第10節は、11月14日(水)の11時00分から西高グランドで行われ、大宮南高と対戦する。西高の今年度の1部復帰はなくなったが、気落ちすることなく最終戦に勝利し、有終の美を飾ってほしいものである。OB諸氏の応援をお願いする。

カテゴリー: ニュース | コメントする

U-16リーグ、熊谷高に勝利し暫定3位に浮上

1年生を中心としたチーム(2018年1月1日時点で16歳未満の選手が出場できる)で戦う、2018年度U-16埼玉県リーグが8月から始まった。昨年1部から降格し2部Aに所属する西高は、第7節で武蔵越生高に勝利し、リーグ戦の成績を4勝3敗の白星先行とし勝点を12まで伸ばしていた。
 U-16リーグの第8節、西高は2018年11月3日(土)の11時00分から、西高グランドで熊谷高と対戦し2対1(1対0、1対1)で勝利した。この結果、西高U-16チームは、リーグ戦の成績を5勝3敗勝点15とし、暫定ながら3位となった。残り2試合で勝点4を取れれば、2部Aリーグで2位に入れるところまで順位を上げてきた。
 西高U-16チームの次の試合は、11月10日(土)の14時00分から西高グランドで越谷西高と対戦する。OB諸氏の応援をお願いする。

カテゴリー: ニュース | コメントする

U-16リーグ、武蔵越生高に勝利

 1年生を中心としたチーム(2018年1月1日時点で16歳未満の選手が出場できる)で戦う、2018年度U-16埼玉県リーグが8月から始まった。昨年1部から降格し2部Aに所属する西高は、第6節で川口青稜高に敗れリーグ戦の成績を3勝3敗勝点9の五分に戻されていた。
 西高U-16チームは、第7節を2018年10月28日(日)の10時00分から西高グランドで行い、現在3位の武蔵越生高と対戦し2対1(2対0、0対1)で勝利した。この結果、西高U-16チームは、白星先行の4勝3敗とし勝点を12まで伸ばした。
 西高U-16チームの第8節は、2018年11月3日(土)の11時00分から西高グランドで熊谷高と対戦する。西高U-16チームは、残り3試合で勝点7を積み上げられれば、2部Aリーグで2位に入れる。OB諸氏の応援をお願いする。

カテゴリー: ニュース | コメントする

選手権予選3回戦、27日12時30分から昌平高Gで武南高と対戦

 第97回全国高等学校サッカー選手権大会の埼玉県予選が2017年10月13日(土)から始まった。14日(日)の2回戦で埼玉平成高に1対0(0対0、1対0)で辛勝した西高は、明日10月27日(土)の12時30分から杉戸町の昌平高グランドで、武南高と対戦する。OB諸氏の熱い応援をお願いする。詳しいトーナメント表は「こちら」をご覧下さい。
 なお、2回戦の埼玉平成高との対戦の様子がWebサッカーメディア「埼玉サッカー通信」で報じられています。詳しくは「こちら」をご覧下さい。

カテゴリー: ニュース | コメントする

【重要】本日の4校サッカー部OB交流会は実施します

 2018年10月21日(日)に開催予定の第18回浦和4校サッカー部OB交流会は、予定どおり本日8時30分から市立浦和高で実施いたします。

カテゴリー: ニュース | コメントする

選手権予選、西高の試合が「ゲキサカ」で報道されています

 第97回全国高等学校サッカー選手権大会の埼玉県予選が2017年10月13日(土)から始まった。西高は14日(日)の2回戦で埼玉平成高に勝利した。この試合の様子がWebサッカーメディア「ゲキサカ」(講談社)で報道されている。記事は「こちら」をご覧下さい。
 また、試合を観戦した記者が、186cmで90kgという西高の超大型CBのオージー・ヴィクター・シラタ選手と、同じく186cmの万能型CFの森喜紀選手も取り上げてくれています。シラタ選手は「こちら」を、森選手は「こちら」をお読み下さい。
 メディアの注目を力に変えて二人には、次の武南高戦での勝利の牽引役になってもらいたいものである。

カテゴリー: ニュース | コメントする