今井会長、野間・林両副会長がJFA100周年功労表彰を受彰

 財団法人日本サッカー協会(以下、JFA)は、1921年9月10日に創立され、2021年に100周年を迎えました。日本サッカー協会は、創立記念日にあたる今年9月10日に「JFA100周年セレブレーション」を執り行うとともに、100周年表彰を実施しました。

 100周年表彰は、100周年の事業コンセプト「過去への感謝、未来への決意」を具現化するために行われ、「(現在)貢献していただいている、もしくは(過去に)貢献いただいた方々及びその活動に感謝を表す」ものです。西高OB会では今井敏明会長(1973年卒)、野間薫副会長(1974年卒)、林昭雄副会長(1979年卒)の3人が、功労表彰を受けました。他にも、日本サッカー協会理事を務める黛俊行氏(1974年卒)が特別功労表彰を、サッカージャーナリストの小室功氏(1979年卒)が感謝表彰を受けました。表彰を受けられたOBの皆様に、心よりお祝い申し上げます。

カテゴリー: ニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です