【速報】U-18リーグ、順位決定戦に勝利し1部復帰!

 2018年の高円宮杯U-18サッカーリーグ埼玉県リーグ2部の順位決定戦が、12月1日(土)に行われた。2部Aリーグ3位の西高は、Bリーグ3位の国際学院高とさいたま市の駒場サブグランドで、5・6位決定戦を戦い、5対3(2対2、3対1)で勝利した。この結果、西高は2部の5位となり、来年度の1部リーグ昇格が決定した。西高の1部リーグ参戦は3年ぶり。

 試合は開始早々から動いた。前半8分、西高FWがボールキープからタイミングを見計らってMFにパスを通すと、一度目のシュートは国際学院高GKに止められるがこぼれ球を再度シュートし、西高が先制する。その直後には、西高FWが今度はダイビングヘッドを見舞い決まったかに見えたが、これは相手GKがファインセーブで弾き出した。その後も西高が攻勢に出て、前半23分には、右サイドの展開から最後は西高CFが2点目を決め国際学院高を突き放した。ここで西高選手に気の緩みが出たのか、前半33分に国際学院高に1点返されると、試合の主導権は国際学院高に移ってしまう。前半40分には、国際学院高にゴールネットを破かんばかりの弾丸シュートを決められ、前半は2対2で終わった。
 後半も試合は国際学院高にボールをポゼッションされ、西高はなかなかチャンスを作れない展開となった。後半16分、西高が攻めていたところから国際学院高のカウンター攻撃に合い、西高CBがペナルティーエリア直前でなんとか止めたが、これで警告を受けてしまう。さらにこのFKを国際学院高に直接決められ、西高は2対3と逆転されてしまう。その後も、西高が同点を狙い前掛りになり過ぎたところで、またもや国際学院高のカウンター攻撃を喰らいGKと1対1となるシーンを作られるなど、西高は何度もピンチを迎える。この1対1は、西高GKが必死のセーブで防いだ。西高が追加点をやらずに我慢して守っていると、次第に西高の攻撃する回数が増えていった。後半38分、交代で入った西高選手のロングスローから、西高がボールを逆サイドまで展開し、その折り返しを西高FWが決め、起死回生の同点弾となる。こうなると、控え選手を含め西高サイドが俄然活気づいた。後半40分には西高が逆転シュートを決める。さらに後半44分には、西高が5点目を上げ勝負を決定づけた。

 本日の西高は、試合内容は決して褒めらるものではなかった。逆転された直後には、国際学院高のシュートがポストに当たって得点にならなかったなど、幸運に恵まれた面もある。ただ、本日の試合は、内容よりも結果が求められていた。試合に出場している選手と応援に回った選手を含め、チーム全員が逆転されても諦めずに粘り強く戦ったからこそ、運も味方したに違いない。とりわけ、現3年生が最後の試合で最上級生としての責任を果たし、1部リーグへの自力昇格をつかんだことは大いに賞賛したい。そして新チームのメンバーは、3年生から贈られたプレゼントを無にすることなく、来年度1部リーグで好成績を残せるよう猛練習を積み重ねてほしい。

カテゴリー: ニュース | コメントする

【重要】U-18リーグ、順位決定戦は12月1日に駒場サブで

 U-18サッカーリーグ2部の最終順位決定戦は、12月1日(土)と2日(日)に行われることに決まった。Aリーグ3位の西高は、1日(土)の13時30分からさいたま市の駒場サブグランドで、Bリーグ3位の国際学院高と5位決定戦を戦う。勝利したチームが次年度から1部リーグへ昇格する、重要な試合となった。OB諸氏の応援をお願いする。

カテゴリー: ニュース | コメントする

U-16リーグ、順位決定戦に勝利し2部5位に

 1年生を中心としたチーム(2018年1月1日時点で16歳未満の選手が出場できる)で戦う、2018年度U-16埼玉県リーグは、2018年11月25日(日)に2部リーグの最終順位を決める順位決定戦が行われた。西高は、9時30分から西高グランドでBリーグ3位の三郷北高と対戦し、3対1(0対1、3対0)で逆転勝利した。この結果、西高U-16チームは2部リーグで5位となった。
 2部リーグで5位ということは、1部校が9チーム(浦和レッズユースと大宮アルディージャユースを除く)いることを考えると、西高の1年生たちは埼玉県の高校サッカー界では14番目からのスタートになったということである。1年生たちには自分たちが置かれている位置を自覚し、ここからトップレベルへ登っていけるよう、日々精進を重ねてもらいたいものである。
 そして来年度の西高U-16チーには、2部の4位までに与えられる1部リーグ参入戦への切符を勝ち獲ってもらい、1部リーグに復帰してもらいたいものである。

カテゴリー: ニュース | コメントする

【速報】U-18リーグ、最終戦は埼玉栄高に敗れる

 2018年の高円宮杯U-18サッカーリーグ埼玉県リーグは、本日2018年11月24日(土)に最終の第18節が行われた。2部Aリーグに属する西高は、飯能市の聖望学園高・下川崎グランドで、埼玉栄高と対戦し、0対2(0対1、0対1)で敗れた。この結果、西高のリーグ戦の成績は10勝6敗2分の勝点32。前節終了時点で4位とは勝点が7ポイント離れていたので、順位は3位で変わらないままリーグ戦を終えた。

 試合は出足鋭く寄せてくる埼玉栄高に対し、体がやや重そうな西高という対照的な組み合わせで始まった。試合開始直後、西高はいきなり埼玉栄高にCKを取られシュートを見舞われてしまう。前半6分、西高MFの足がペナルティーエリア内でヘディングでボールを突つこうとした栄高選手の頭に接触しPKを取られ決められてしまう。その後も西高は、DFが栄高FWに交わされピンチを迎えるが、GKが飛び出しかろうじてボールを手に当て難を逃れる。30分過ぎからようやく西高もエンジンがかかりチャンスを作れるようになる。前半終了間際には相手を押し込み、絶好のセンターリングかというボールを相手ゴール前に送ったが、栄高GKに触られシュートを打つことができなかった。
 ハーフタイムに喝を入れられたのか、後半は一転し、西高がいい出足を見せ次々とチャンスを作った。後半5分、西高FWが相手GKと1対1となるが、隅を狙ったシュートは相手GKに触られ弾かれてしまう。その1分後には、ドリブルから西高MFが低い弾道のシュートを放ったが、これも相手GKにセーブされてしまった。西高が同点にしようと前がかりになると、栄高はカウンターを狙い始めた。後半17分には、栄高のカウンターからピンチを迎えるが、クロスがゴール前の栄高選手に合わなかった。しかし、その3分後にカウンターから栄高MFに単独突破を許し、西高は2点目を献上してしまう。その後、西高は攻撃的な選手を投入して攻め続けたが、DFライン中央を栄高に固められ決定機を作り出すことができなかった。
 今日の敗戦の原因は、後半開始のようないい緊張感を持って試合に入れなかった点に尽きる。試合開始時点で9位の埼玉栄高が2部残留を目指し必死に走ってくるのに対し、西高選手が突っ立ったままプレーしたのではサッカーにならない。西高は、順位決定戦までにコンディションを上げ、試合開始から終了まで全力で走りきる必要がある。

 U-18サッカーリーグ2部は、最終順位決定戦が12月1日(土)か2日(日)に行われる(現時点では試合会場は未定)。西高は、Bリーグ3位の国際学院高と対戦する。OB諸氏の応援をお願いする。

カテゴリー: ニュース | コメントする

【速報】南部支部リーグ、西高Bは最終戦に勝利

  西高Bチームが参戦している埼玉県南部支部SS1リーグの後期第7節が、2018年11月17日(土)に行われた。西高Bチームは、さいたま市の浦和南高グランドで15時00分から浦和北高と対戦し、2対0(1対0、1対0)で勝利した。この結果、西高Bチームのリーグ戦の成績は4勝2分8敗勝点14で、6位以上の順位となることが決まり南部支部1部への残留を決めた。

 試合は、開始から西高のペースで始まった。前半8分、西高が右からセンターリングを上げると、ペナルティエリア内で西高選手がボレーシュートし、これが決って西高が先制する。その後も西高は攻めたが、シュートが2度もバーに当たるなどして、追加点が奪えないまま前半は1対0で終わった。
 後半も西高が攻めたが、シュートが相手GKの正面を付くなどし、なかなか追加点を奪えなかった。このまま試合が終わるかと思われた後半38分、西高が右からグランダーのボールを折り返すと、西高CFがこのボールをシュートし勝負を決める追加点を上げた。試合は2対0のまま終了し、西高Bチームが浦和北高に決定機を許さず快勝した。
 試合前まで西高Bチームは、後期に入って勝利を上げられていなかったが、最終戦では全員が奮闘し、後期リーグ戦で初の勝利を掴むことができた。
 
 これで今年度のチームが戦う試合は、11月24日(土)に行われる高円宮杯U-18サッカーリーグ埼玉県リーグ2部Aの最終戦だけとなった。西高は、飯能市の聖望学園高・下川崎グランド(飯能市下川崎水越553)で10時00分から埼玉栄高と対戦する。西高には1部昇格の可能性があるだけに、何としても勝利してほしいものである。OB諸氏の応援をお願いする。

カテゴリー: ニュース | コメントする

【速報】U-16リーグ、最終戦で大宮南高に勝利!

1年生を中心としたチーム(2018年1月1日時点で16歳未満の選手が出場できる)で戦う、2018年度U-16埼玉県リーグは、2018年11月14日(水)の11時00分から第10節が行われ、西高は西高グランドで大宮南高と対戦し2対0(2対0、0対0)で勝利した。この結果、西高U-16チームは6勝4敗勝点18となり、リーグ戦を3位で終えた。このため、西高U-16チームは2位までに与えられる1部リーグ参入戦への切符を勝ち獲ることができず、1年での1部リーグ復帰はならなかった。
 
 西高の1年生たちは、リーグ戦の成績から埼玉県の高校サッカー界で自分たちが置かれている位置を自覚し、ここからトップレベルへ登っていけるよう、日々精進を重ねていく必要がある。

カテゴリー: ニュース | コメントする

U-16リーグ、越谷西高に逆転負け

1年生を中心としたチーム(2018年1月1日時点で16歳未満の選手が出場できる)で戦う、2018年度U-16埼玉県リーグが8月から始まった。昨年1部から降格し2部Aに所属する西高は、第8節で熊谷高に勝利し、リーグ戦の成績を5勝3敗勝点15としていた。
 2018年11月10日(土)の14時00分から、U-16リーグの第9節が行われ、西高は西高グランドで越谷西高と対戦し、1対2(1対1、0対1)で逆転負けを喫した。この結果、西高U-16チームは、最終節に勝利しても勝点18までしか行かず、現在2位の川口青陵高(勝点19)を上回ることができなくなり、西高U–16チームの1部リーグ参入戦への出場の可能性はなくなった。

 試合は、越谷西高が出足で勝り、開始から10分間ほど西高を圧倒した。ここを耐えた西高が、次第に試合のペースを引き戻し、後半30分にCKからヘディングシュートを決め先制する。しかし、その5分後、中盤で西高のパスをインターセプトした越谷西高にカウンターから同点にされてしまう。後半は互いに決め手がなく互角の展開となったが、後半20分、西高が越谷西高にCKを与えると、越谷西高の選手をフリーにしてしまい、西高は逆転弾を許してしまった。その直後から、西高も同点にするべく必死に攻めたが、決定機をつかめず試合は1対2のまま終了した。

 西高U-16チームの最終第10節は、11月14日(水)の11時00分から西高グランドで行われ、大宮南高と対戦する。西高の今年度の1部復帰はなくなったが、気落ちすることなく最終戦に勝利し、有終の美を飾ってほしいものである。OB諸氏の応援をお願いする。

カテゴリー: ニュース | コメントする

U-16リーグ、熊谷高に勝利し暫定3位に浮上

1年生を中心としたチーム(2018年1月1日時点で16歳未満の選手が出場できる)で戦う、2018年度U-16埼玉県リーグが8月から始まった。昨年1部から降格し2部Aに所属する西高は、第7節で武蔵越生高に勝利し、リーグ戦の成績を4勝3敗の白星先行とし勝点を12まで伸ばしていた。
 U-16リーグの第8節、西高は2018年11月3日(土)の11時00分から、西高グランドで熊谷高と対戦し2対1(1対0、1対1)で勝利した。この結果、西高U-16チームは、リーグ戦の成績を5勝3敗勝点15とし、暫定ながら3位となった。残り2試合で勝点4を取れれば、2部Aリーグで2位に入れるところまで順位を上げてきた。
 西高U-16チームの次の試合は、11月10日(土)の14時00分から西高グランドで越谷西高と対戦する。OB諸氏の応援をお願いする。

カテゴリー: ニュース | コメントする

U-16リーグ、武蔵越生高に勝利

 1年生を中心としたチーム(2018年1月1日時点で16歳未満の選手が出場できる)で戦う、2018年度U-16埼玉県リーグが8月から始まった。昨年1部から降格し2部Aに所属する西高は、第6節で川口青稜高に敗れリーグ戦の成績を3勝3敗勝点9の五分に戻されていた。
 西高U-16チームは、第7節を2018年10月28日(日)の10時00分から西高グランドで行い、現在3位の武蔵越生高と対戦し2対1(2対0、0対1)で勝利した。この結果、西高U-16チームは、白星先行の4勝3敗とし勝点を12まで伸ばした。
 西高U-16チームの第8節は、2018年11月3日(土)の11時00分から西高グランドで熊谷高と対戦する。西高U-16チームは、残り3試合で勝点7を積み上げられれば、2部Aリーグで2位に入れる。OB諸氏の応援をお願いする。

カテゴリー: ニュース | コメントする

【速報】西高女子、関東大会準々決勝でPK負け

 第14回関東高校女子サッカー秋季大会が、2018年10月27日(土)から茨城県鹿嶋市のスポーツプラザ・鹿島ハイツで開かれた。27日の1回戦に勝利した西高女子は、本日28日の11時30分から鹿島ハイツの第4ピッチで、幕張総合高(千葉県第1代表)と対戦し、0対0の引き分けからPK戦(3-5)で敗れた。
 今日のPK負けは残念と言うしかないが、いつの日か女子が関東大会を制し男女共に関東大会の覇者となる日が来ることを願い、これからも応援していきましょう。

カテゴリー: ニュース(女子) | コメントする