【速報】U-18リーグ、正智深谷高Bに快勝

 2018年の高円宮杯U-18サッカーリーグ埼玉県リーグは、5月19日(土)に第5節が行われた。2部Aリーグに属する西高は、さいたま市のRHF駒場で12時00分から正智深谷高Bと戦い、2対0(0対0、2対0)で快勝した。西高はリーグ戦の成績を3勝2敗勝点9で3位とした。
 
 試合は、前半は正智深谷高Bのペースで進んだ。前節と同様に、西高は前線で選手が連動してパスを廻すことができず、決定的なチャンスをつかめないまま前半は終わってしまった。ここからが前節とは違った。後半開始から西高は積極的に攻めた。正智深谷高サイドに攻め入ると、連続してCKを得た。3回連続してCKとなった後半5分、西高選手がCKを胸トラップからボレーシュートすると、これがきれいに決まり西高が先制した。その後は、西高と正智深谷高が互いに攻め合う展開となった。後半40分、サイドを攻められた西高は、DFが相手ボールを奪うと大きく逆サイドへ振った。これに西高の逆サイドのMFが反応してタイミングよく飛び出し、正智深谷高GKと1対1になると落ち着いてボールをゴールへ流し込み追加点を奪い、試合を決めた。
 この試合、後半は西高攻撃陣の連動が見られるようになり、2点を奪うことができたが、貢献度が高かったのがアンカーと2
人のCBだった。正智深谷高の攻撃の芽を粘り強く摘み取ることができていた。また、このラインを抜け出られたケースでは、GKが素早く相手のシュートコースを潰すこともできていた。守備陣の頑張りで正智深谷高を零封することができた。次節も、集中度の高い守備で勝利を手繰り寄せて欲しいものである。

 次の第6節は、5月26日(土)の10時00分からさいたま市のRHF駒場で行われ、西高は浦和東高Bと対戦する。OB諸氏の応援をお願いする。

カテゴリー: ニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です