西野ジャパンが勝利し、西高もNHKニュースで報道される

 2018年6月19日(火)、第21回ワールドカップロシア大会で、西野朗監督(昭和49年卒)率いる日本代表は、1次リーグH組の初戦でコロンビア代表に2対1(1対1、1対0)で勝利した。これは、ワールドカップでアジアサッカー連盟所属の代表チームが南米の代表チームからあげた、初めての勝利だった。歴史的な勝利を挙げたことで、一夜明けた20日(水)には、母校・浦和西高もNHK(日本放送協会)から取材を受け、その様子が20日の18時10分からNHK総合の情報番組「首都圏ネットワーク」で放送された。

カテゴリー: ニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です