【速報】U-18リーグ、昌平高に大敗

2019年8月23日(金)、高円宮杯U-18サッカーリーグ埼玉県リーグの後期第2節が行われた。西高は、さいたま市の堀崎公園グランドで、9時30分から昌平高と対戦し、1対7(1対6、0対1)で大敗した。

 8月20日(火)の西武台高との後期第1節が、雷で中止となったため、本日の試合が後期開幕戦となった西高は、1部リーグのチームの速さに対応することができず、失点を重ね大敗した。なお、U-18リーグ後期第3節は、8月28日(水)に行われる。西高は、本日と同じさいたま市の堀崎公園グランドで、9時30分から武南高と対戦する。OB諸氏には、熱い応援をお願いする。

 試合は衝撃的な始まり方をした。西高は前半1分30秒ほどで失点をすると、前半20分までに昌平高に6点を奪われてしまった。西高選手が昌平高のボールホルダーに寄せきれない内に、昌平高選手に次々と横パスをつながれ、揺さぶられてスペースができたところで縦にスルーパスを通されるというパターンで、前半の前半は昌平高に翻弄されてしまった。前半25分、西高は給水タイムでやっと一息入れることができ、昌平高は攻め疲れたのかプレーのスピードが鈍った。

 前半30分、西高CFがカウンター攻撃から粘ってボールをつなぐと、西高MFがゴール右下へシュートを決め1点返す。その3分後には、西高がサイドからボールをつなぎシュートをするが、これは昌平高GKにセーブされてしまう。前半の後半からは、それまで西高選手には全く余裕がなく、クリアーもほとんど相手に渡していたのが、西高選手も少し落ち着いたのか次第につないで攻めに出られるようになり、反撃を開始した。

 後半も開始から給水タイムまでは、前半とは逆に西高がビッグチャンスをつかんだ。西高は、後半6分、PA内左からシュートをするが、右ポストに当たり追加点を上げることができなかった。20分には西高選手が昌平高GKをかわすが、バランスを崩してシュートが打てなかった。後半の前半は西高も昌平高に何とか対抗し、互角の形勢に持ち込んでいた。

 後半の後半、試合はまたもや動いた。給水タイム後は、西高が3本続けてFKを取ったが、3本目のFKの後のカウンター攻撃で昌平高に決定的なシーンを作られてしまう。その直後、後半38分にカウンター攻撃から昌平高に7点目を決められてしまう。西高も後半44分に決定機を迎えるが、シュートをミスし2点目を上げることはできず、試合は終わった。

 リーグ戦首位と最下位の対戦だから、選手の技量に差があるのは当たり前である。本日の大敗で悲しかったことは、その技量の差を埋めるために「必死で戦う」という姿勢が西高選手に見られなかったことである。「否、あなたには見えなかったかもしれないが、選手は必死でした」という声があるかもしれない。しかし、周囲の全ての人に伝わるような「必死さ」でなければ、それは「必死」とは言えない。サッカーは、1対1の局面が連続して発生するスポーツである。昌平高選手のように技量を磨き上げ「1対1に勝つ」か、それができなければ「体を投げ出して1対1に負けない」ようにするしかない。西高選手には、この大敗の原因を考え続け、何とか改善につなげてもらいたいものである。

 

 

カテゴリー: ニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です