【速報】U-18リーグ、浦和東高Bに勝利

 2018年の高円宮杯U-18サッカーリーグ埼玉県リーグは、本日2018年9月17日(土)に第15節が行われた。2部Aリーグに属する西高は、さいたま市のRHF駒場(旧駒場サブグランド)で浦和東高Bと戦い、3対1(2対1、1対0)で勝利した。この結果、西高の成績は9勝4敗2分の勝点29で、順位は3位以上をキープした。なお試合の様子は、保護者会HPに掲載されている写真をご覧下さい。

 試合は前半の最初は西高が攻めに廻った。前半10分、西高の3本目のシュートを浦和東高GKがセーブするとそれがゴール正面へ飛び、ダイビングヘッドで叩き付ければ楽々ゴールになるところを、西高選手が浮いているボールを蹴ったためシュートもさらに浮きバーに当たって跳ね返ってしまい、西高は決定機を逃してしまう。その後も得点できないまま、嫌な流れになるかと思われ前半15分、西高がCKから高い打点のヘディングシュートを決め先制する。先制した後は、浦和東高にイエローカードも出て、西高ペースで進むかと思われた。しかし前半24分、西高は相手にCKを与えてしまう。このCKの折り返しに西高選手の反応が遅れると、浦和東高選手に先にボールに飛び込まれてシュートされ、同点に追いつかれてしまう。その直後に給水タイムになった。西高はあと少しだけ集中が必要だった。一進一退の攻防が続いた前半36分、西高がペナルティーエリアに入ったところからシュートすると、そのボールに別の西高選手が触れてコースを換えゴールインする。前半は、西高が2対1とリードして終えた。
 後半開始からは、同点に追いつかなければならない浦和東高の攻勢が強まった。西高は自陣に押し込められる展開になり、西高選手にイエローカードが出るなど、前半とは逆の展開となった。ここは耐える時間だと思われた前半13分、西高が浦和東高のサイドを崩し、最後はエンドライン付近から折り返しこれを決め、リードを広げた。その後は一進一退となったが、西高は選手交代をして、選手を試しながら2点差を守って逃げ切った。
 西高は後期のリーグ戦になって負けていない。それはいい点なのだが、2試合続けてCKから失点してしまったことは看過できない。高校選手権予選を1ヶ月後に控え、体を張って守備をするということを、もう一度選手全員に徹底する必要がある。

 U-18サッカーリーグの第16節は、9月23日(日・祝日)に行われる。西高は、15時00分から毛呂山町(大字市場333-1)の埼玉平成高グランドで、越谷西高と対戦する。OB諸氏の応援をお願いする。

カテゴリー: ニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です