【速報】総体予選、春日部高に勝利し3回戦へ

 令和元年度全国高校総体埼玉県予選が6月8日(土)から始まった。西高は8日の1回戦に勝利し、本日9日(日)の15時00分から新座市の立教新座高グランドで、春日部高と2回戦を戦い3対0(2対0、1対0)で勝利した。3回戦は、6月15日(土)の14時00分から新座市の西武台高第2グランドで行われ、西高は埼玉栄高と対戦する。OB諸氏の応援をお願いする。

 西高は、昨日試合をしたことで緊張がほぐれたのか、本日は前半から積極的に攻撃を仕掛け、開始からすぐにFKを3本とCKを1本取った。前半14分には、先発で出場した1年生選手がチャンスを作り、もう少しで得点というシーンも作った。押し気味に試合を進める中、西高は前半18分にCKから得点を上げ先制した。前半39分には、FKからこぼれたボールを詰めて、西高は前半を2点リードして終えた。後半は相手の運動量が落ちたこともあり、西高が主導権を握って攻め続けた。後半10分には、交代で入った選手がゴール前で決定的なチャンスを得るが、シュートを相手GKに当ててしまった。これで相手GKが乗ったのか、その後は西高のシュートが何本もファインセーブされ、勝負を決める3点目が奪えず時間が経過した。後半30分、西高が3点目を取りようやく試合の行方を決めた。

 本日の西高は、1回戦の試合に比べ選手が自信を持ってプレーしているようには見えた。前半はセットプレーからいい時間に得点を取ったが、後半だけでもCKを8本も取っているのだから、後半はもっと多彩な攻撃を仕掛けてほしかった。また守備面でも、先制点を取るまでは春日部高にあわや1点かというシーンを複数回作られており、来週はプレーのスピードと強度を1段階上げた西高を見せてほしいものである。 

 なお、全国高校総体埼玉県予選の組み合わせは、こちらをご覧ください。

カテゴリー: ニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です