【速報】U-18リーグ、浦和学院高に大敗

 総体埼玉県予選が6月23日に終了し、今週は高円宮杯U-18サッカーリーグ埼玉県リーグが行われる。西高は1部リーグの第7節を、本日6月29日(土)の11時30分から新座市の西武台高第2グランドで、浦和学院高と戦い0対7(0対5、0対2)で大敗した。これで西高の成績は1分6敗勝点1のままで、順位は9位。

 西高は、けが人が出ていたようで、先発メンバーとポジションを大きく変えて、この試合に臨んだ。しかし、試合開始1分で失点してしまった。西高は、攻めに出たところでボールを取られサイドからセンターリングされ、これを浦和学院高に難なく決められ先取点を与えてしまう。西高は追いつこうと攻め込み、その度にカウンター攻撃を浴び、得点を決められるという最悪のパターンにはまってしまった。前半15分に追加点を奪われると、前半20分には、こちらは怪我から復帰したばかりのGKとDF陣で息が合わず、ゴール前でGKがボールを見失い3点目を奪われてしまう。その後、22分と44分には同じような形で浦和学院高FWに抜け出され、冷静にシュートを流し込まれてしまった。

 後半は、6分に西高が不運なハンドを取られ、PKを決められてリードを6点に広げられてしまう。その後は西高もペースを取り戻し、2度続けて決定機を作り出すが決められずにいると、後半22分には浦和学院高にカウンター攻撃から7点目を奪われ、西高は大敗を喫してしまった。本日の大敗は、開始直後の1失点目が選手心理に大きく影響した。焦って攻め込みパスミスを繰り返しカウンター攻撃を受ける、というパターンにはまってしまった。相手選手との間合いの詰め方も1歩2歩遅れ、プレッシャーがかからなかった。また本日は、グランド内の選手がコミュニケーションを取り、試合中に戦い方を変えるということもできなかった。本日の不出来の原因について選手同士でよく話し合い、残り2試合で改善した姿を見せ、リーグ戦で勝利を上げてほしいものである。

 第7節の後、U-18リーグは期末テスト等のため一旦中断する。7月13日(土)に再開され、西高はさいたま市の駒場サブグランドで、9時30分試合開始で市立浦和高と対戦する。OB諸氏には、1部リーグ定着を目指して戦う西高へ、熱い応援をお願いする。

カテゴリー: ニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です