【重要】2019年度の幹事会が開催される

 2019年8月25日(日)15時から浦和西高50周年記念館で、2019年度の「サッカー部OB会の幹事会」が開かれた。今井敏明会長、野間薫副会長を始め、監事1人と幹事10人、それに河野秀和事務局長と市原雄心監督の合計14人が参加した。

 冒頭、今井会長の挨拶に続き、今井会長を議長に選出し議事が進行された。初めに、2017年のインターハイ出場時の現役への支援の中身から、18年の西野朗氏の慰労会など、近年OB会の行った活動が報告された。続いて、審議事項として「OB会組織の活性化と会則変更」「OB総会の開催方法の変更」「会計報告と会費徴収」「幹事会の定例化」など、多岐にわたる事項について話し合いが行われた。最後に、市原監督から現役チームの状況が報告され、OB会として「西高グランドの人工芝化を推進してほしい」と要望が出された。他の課題として、2025年の創部75年に向けて50周年史に続き75年周年史の発刊が取り上げられた。

 今回の幹事会は、定刻の15時を少し過ぎてから始まり、1時間30分にわたり熱心な議論が交わされ、有意義な会議となった。今後の課題として、幹事に選らばれているOB会員により多く参加してもらうこと、が浮かび上がった。

 なお今井会長の「幹事会の感想」は、会長ブログをお読み下さい。幹事会の議事録はメールマガジンで配信するので、メールアドレスを「登録情報変更」欄で登録して下さい。

カテゴリー: ニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です