【速報】新人大会南部支部予選、準決勝で敗退

令和元年度埼玉県高校サッカー新人大会南部支部予選が、2020年1月18(土)から始まった。準決勝に進んだ西高は、本日2月1日(土)の12時00分からさいたま市の市立浦和南高グランドで、浦和学院高と対戦し0対4(0対1、0対3)で敗れた。この結果、西高は決勝戦へ進出した2校に与えられる、新人大会県大会の出場権を獲得することはできなかった。なお南部支部予選 のトーナメント表はこちらをご覧下さい。

 試合を観戦したOBによると、先週の川口青陵高戦とは打って変わって、互いにボールをつなぎながら攻めようという展開になった。そのういう中、前半18分頃、西高は浦和学院高選手の中央突破を許して失点し、前半は西高の1点ビハインドとなった。

 追いつかなければならない西高だったが、後半2分、西高ゴール前で混戦になり、五分五分のボールに対し西高選手のブロックがやや腰高だったのか、ボールが西高ゴール内へ飛んでしまいリードを拡げられてしまう。後半18分には、CKから浦和学院高のシュートを西高GKがファインセーブで止めたが、こぼれ球を詰められ3失点目を喫してしまう。最後は、アディショナルタイムに西高が中盤でイージーな形でボールを失い、カウンターから4点目を決められたとのことだった。

 今年の西高も、初めての公式戦で「支部予選敗退」という結果に終ってしまった。西高は、県内で自分たちの置かれた現状を厳しく認識し、他校よりも何倍も努力をしなければ、昨年を上回る結果を残すことは難しいと思われる。新チームには、まずはこれからの2カ月のあいだ真摯に練習に励んで、4月から始まるU-18リーグ と関東大会予選へ臨んでもらいたい。

カテゴリー: ニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です