2月28日、入試が行われる。西高は県内2番目の高倍率

 2020年2月28日(金)、県内公立高校の入学試験が行われた。合格者の発表は3月9日(月)の午前9時。

 2月25日(火)に埼玉県教育局が発表した入学志願者数の確定値を見ると、西高は入学許可予定者358人に対し確定志願者が554人で、倍率は1.55倍。全日制普通科では市立浦和高の1.58倍(入学許可予定者240人)に次ぎ、県内2番目の高倍率だった。3番目は蕨高の1.51倍(入学許可予定者318人)。また西高の志願者554人は、県内で2番目に多い人数で人気が高まっているといえる。ちなみに志願者数1位は伊奈学園総合高で799人(入学許可予定者715人)、3位は県立浦和高の534人(入学許可予定者358人)。

 なお、英語と数学の2教科では、全校同一の通常の問題とは別の、応用的な内容の「選択問題」が出題されている。これは、全校同一の問題では上位校で得点に差がつきにくくなっていたため2017年の入試から導入されたもので、西高を受験する場合は、この2教科は「学校選択問題」に回答しなければならない。

 学校に対する中学生の人気が高まる中、サッカー部へどんな優秀な選手が入部してくれるか楽しみである。OB諸氏も、子息やお孫さん、教え子に西高を受験するよう勧めてもらえたら幸いです。夏休みには「体験入部」も実施しています。

カテゴリー: ニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です