【速報】U-18リーグ、成徳深谷高に惜敗

2019年の高円宮杯U-18サッカーリーグ埼玉県リーグは、4月6日(土)に開幕した。4年振りに1部リーグで戦う西高は、5月11日(土)の12時00分からさいたま市の駒場サブグランドで、成徳深谷高と第4節を戦い1対2(1対2、0対0)で敗れた。この結果、西高は1分3敗勝点1で、順位は7位と変わらなかった。

 試合は前半5分、西高はCKからこぼれ球をシュートされ、成徳深谷高に先制を許してしまう。その後は、西高もパスをつないで何度かチャンスを作り反撃する。前半33分、西高はスローインからチャンスを作り、同点に追いつく。成徳深谷高もギアを1段上げて攻撃してくる。前半41分、西高がCKを取られる。これは跳ね返したのだが、西高がクリアーしたボールを成徳深谷高に拾われ、執拗に攻撃される。前半43分、成徳深谷高のロングスローに対し、守勢に立たされていた西高のクリアーが短くなり、これを成徳深谷高に決められてしまう。結果的に、この1点が決勝点になり西高は、本日も勝点を上げることができなかった。

 夏のような強い日差しの下で行われた本日のリーグ戦。後半は両軍ともやや運動量が落ち、前半のような鋭い攻撃が見られなくなり、どちらも決定的なシーンを作れなくなった。西高は、最後に連続してCKを取り同点を狙ったが、それも叶わなかった。今日の試合、西高は昌平高戦や武南高戦の時のようにサイドを崩されることはあまりなく、守備を改善しなくてはいけないという意識を持って、選手が試合に臨んでいたことは見て取れた。惜しむらくは、開始から5分と終了前5分、失点に気をつけなくてはいけない時間帯にゴールを許してしまったことである。西高には、来週1週間練習に励み、集中力を増して次のリーグ戦を戦い、何とか勝点を上げて欲しいものである。

 U-18リーグの第5節は5月19日(日)に行われ、西高はさいたま市の駒場サブグランドで11時30分試合開始、正智深谷高と対戦する。OB諸氏には、1部定着を目指して戦う西高へ熱い応援をお願いする。

カテゴリー: ニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です